語尾に「けん」がつくのはどこの地域の方言?九州等の方言を調査!

語尾に「けん」がつくのはどこの地域の方言?九州等の方言を調査!

「今度こそ試合に勝つけん!」
この言葉、翻訳することはできますか。
九州地方では、当たり前のように使われる方言である「けん」という言葉。
今回は、言葉の語尾に使われる方言「けん」についてご紹介します。
県ごとによって特色が異なりますよ。

方言「けん」とは

方言である「けん」とはどういう意味なのでしょうか。

「けん」は単語一つで成立する言葉ではありません。
何かの文の語尾に合体することで、初めて方言としての意味が成立する言葉です。

方言「けん」の意味

「けん」は、「~だよ」「~ぞ」「~だ」という意味です。
主に、話し言葉として使われる方言です。
冒頭に登場した文を例文として、翻訳してみましょう。

「今度こそ試合に勝つけん!」→「今度こそ試合に勝つ!」

今回の場合は、強調する意味で「けん」を使いましたが、特にそういったルールはありません。
そのため、簡単に覚えることができる方言でしょう。
また接続詞として使われる場合は、以下のようになります。

「明日は試験やけん、早めに寝る」→「明日は試験なので、早めに寝る」
「九州が大好きやけん引っ越したくない」→「九州が大好きだから引っ越したくない」

方言「けん」を使う地域

「けん」を使う地域といえば、福岡が有名かもしれません。
しかし、この方言は福岡だけではなく、他の県でも使われている方言です。

もし、都内や東北で「けん」を使っている人がいたのなら、その人は九州出身もしくは長く九州に住んでいた人でしょう。
頻繁に耳にする言葉のため、元々が九州出身でなくとも、長く住んでいる間に使い始めてしまうことも。
また、この言葉を言うかどうかで九州出身かどうが見分けるヒントにもなります。

方言「けん」は必ず押さえておくべき方言

上記のように、方言「けん」という言葉は九州では当たり前のように使われる方言。
語尾に付けるだけのため、どんな文でも使えるオールマイティーな性質を持っています。
そのため、九州に長期出張する方や移住する方は、まずは「けん」という語尾に付く方言を覚えておきましょう。

また、九州だけではなく、中国地方でも使う地域があります。
「けん」という方言ではなくとも、それに似たような方言が語尾に付くパターンも中国地方の方言では見受けられますよ。

方言「けん」は県によって異なる

Photo by3dman_eu

語尾に付けるだけの便利な方言「けん」は九州の中でも、県によっては異なることもあります。

「けん」を使うが、それよりもさらに頻繁に使う方言がある県。
「けん」とは別に、文の内容次第で使う方言がある県。
ここからは、県ごとの方言と共に「けん」の特色について見ていきましょう。

福岡県

まずは、九州・アジアの玄関口と呼ばれる福岡県から見ていきましょう。

もつ鍋にやきとり、豚骨ラーメンに明太子など、福岡県は豊富なグルメにあふれる県。
また、近年では積極的にスタートアップ企業を支える環境づくりを行っており、アメリカのシリコンバレーのような都市を目指しています。

福岡の方言

福岡の方言は博多弁として、九州を代表する方言として有名です。
テレビでは「~ばい」や「好いとーよ」といった方言を使ってみる芸能人もいますが、現地ではあまり使われていません。
では、どのような方言が使われているのでしょうか。

・「あーね」:特に意味はないが、話の相づちを打つ際に使われる方言
・「ばり」:「非常に」
・「くらす」:「殴る」

もし「くらすぞ!」と言われた際には、怒っている証ですので、気をつけましょう。

福岡では「けん」を語尾に付けるのか

福岡では頻繁に「けん」を語尾に付けた会話をしています。
特に悲しいとき限定といったルールはなく、普段から使っています。
福岡県内の一部地域では、「けん」の代わりに「ちゃ」をつける地域もありますよ。

「ラーメンは豚骨に限るけん」「ラーメンは豚骨に限るっちゃ」→両方とも意味は同じく「ラーメンは豚骨に限る

佐賀県

九州の中では、一番狭い県である佐賀県。

一時期は魅力があまりない県ともネット上で言われていましたが、人気ゲームとのコラボや海外からのLCC定期便があるなど、国内外から注目を浴びています。
また、伊万里焼や唐津焼など、焼き物が非常に盛んな県としての一面も。

佐賀の方言

佐賀の方言と言えば「がばい」が有名です。
しかし、他の方言はあまり知られていません。
博多弁と似ている方言もありますが、佐賀でしか通じない方言もあります。

「ふーけもん」:「馬鹿者」
「ぞうたんのこと」:「冗談」
「あーた」:「あなた」

佐賀では「けん」を語尾に付けるのか

佐賀でも語尾に「けん」をつけることがあります。
こちらも福岡同様に、決まったルールはなし。
そのため、老若男女どんな人も会話の中には、何度も「けん」が登場していますよ。

「唐津のイカは県を代表するものやけん」→「唐津のイカは県を代表するイカ

長崎県

五島列島や対馬など、大小さまざまな離島を持つ長崎県。

そのおかげで昔から、漁業や造船業など海に関する業種が盛んでした。
また、出島や平和祈念像、軍艦島など日本の歴史において重要な観光スポットも数多く存在。
九州の中でもトップクラスの観光客を誇る県です。

長崎の方言

長崎の方言は少し難しく、他県から引っ越したばかりの人だとすぐには理解できないケースも。
地元の歌である「でんでらりゅう」を聞くことで、いかに長崎弁が難しいかを理解することができるでしょう。
また、海外との貿易が盛んだった影響で、外来語の長崎弁もあります。

・「ちんぐ」:「友達」韓国語でも同じ意味で通じます。貿易の影響で長崎でも使われるようになったのかもしれませんね。
・「はぶてる」:機嫌が悪い様子
・「あんびゃー」:「塩梅」

長崎では「けん」を語尾に付けるのか

長崎でも「けん」は付けますが、それとは別の方言も。
長崎弁には「っさ」という言葉を語尾に付けるパターンがあります。

「昨日眠れなくっさね」→「昨日眠れなくってね」

「けん」と同じように語尾に使うことができますが、「けん」よりも少しラフな口調の際に使えます。

熊本県

九州の真ん中にある熊本県は、阿蘇や天草など大自然に囲まれた緑の県。

そのおかげで、熊本市の水道は完全地下水という日本では非常に珍しい環境になっています。
もちろん、そんな地下水で育てられる果物な野菜はどれも美味しいものばかりですよ。

熊本の方言

九州の中心になるため、北九州の方言と南九州の方言がうまく合体したものになっています。
また、日本全国の方言の中でも熊本弁はトップクラスに可愛いと話題に。

・「たいぎゃ」:「非常に」
・「こわる」:「筋肉が疲れている」
・「あとぜき」:「扉を閉める」

熊本では「けん」を語尾に付けるのか

熊本県でも語尾に「けん」を使います。
ただし、少しだけ他県よりも軽いイントネーションとなっています。

「明日は彼氏と阿蘇ドライブデートやけん楽しみ!」→「明日は彼氏と阿蘇ドライブデートだから楽しみ!」

大分県

別府温泉や湯布院温泉など、温泉が有名な大分県。

アジアから温泉巡りを目的に訪れる観光客で常に人気です。
また、さらなる観光客を求めるため「おんせん県」と打ち出して、様々なプロジェクトが企画されています。

大分の方言

大分県の方言は言い方やイントネーションによって可愛かったり、怖かったりなど印象が異なります。
また、九州だけではなく、四国と非常に近いため、四国の方言の影響も受けているのが大分弁の特色です。

・「しらしんけん」:「一生懸命に・真面目に」
・「ちちまわす」:「殴る」
・「えらしい」:「可愛い」

博多弁の「くらす」同様、「ちちまわすぞ!」と怒られたら気をつけましょう。

大分では「けん」を語尾に付けるのか

大分では「けん」はあまり使われません。
その代わりに、「ちゃ」という方言を語尾に付けます。
福岡でも一部では使われると説明しましたが、その一部地域とは北九州といった大分に近い地域のことです。
この「ちゃ」という言葉が、大分弁が可愛いとも言われる理由でしょう。

「明日は別府の地獄めぐりに行くっちゃ」→「明日は別府の地獄めぐりに行くよ」

宮崎県

日本有数のパワースポットの多さを誇る宮崎県。

高千穂峡や鵜戸神社、天安河原など古来の日本にまつわる観光スポットが盛りだくさん。
また、日本の支援のお礼という形でイースター島以外で唯一海外で再現を許可されたモアイ像も宮崎県にはあります。

宮崎の方言

宮崎の方言で一番有名な言葉は東国原英夫による「どげんかせんといかん」です。
また、宮崎弁の中にある西諸弁は、あまりにもフランス語のイントネーションにそっくりということでも話題に。
しかし、その分同じ県民でも分からない言葉があるほどほど難しいです。
さて、一体どのような宮崎弁があるのか、見ていきましょう。

・「てげ」:「非常に」ただし、二回繰り返すと「適当に」となるため、ご注意を。
・「ひんだりー」:「だるい、疲れた」
・「こんめぇ」:「小さい」
 

宮崎では「けん」を語尾に付けるのか

宮崎県では「けん」もたまに使いますが、大分弁でもある「ちゃ」も使います。
しかし、アクセントがほぼないため、同じ言葉なのに何か違う違和感を感じることでしょう。

「昨日マンゴーを送ったけんよろしくっちゃ」→「昨日マンゴーを送ったのでよろしくね」

鹿児島県

最後は幕末を支えた薩摩藩があった鹿児島について、紹介します。

鹿児島を象徴する桜島や西郷隆盛像は全国的にも知られていますが、徳之島や喜界島など数々の離島が多く県内にはあります。
沖縄と近いながらも人が少ないため、夏は隠れたビーチスポットとして人気です。
また、闘牛といった独自の文化もあります。

鹿児島の方言

鹿児島弁は九州の中でもトップクラスの難しさを誇ります。
文章次第でアクセントが変わったり、言葉を省略したりなど、鹿児島弁を完璧に習得するのは大変。
その難解さ故に、幕末の頃、スパイに情報が洩れても意味を理解できない暗号替わりとして難しくなったのではないかという説もあるほどです。

・「だれやめ」:「焼酎で晩酌」
・「ごったまし」:「たくましい」
・「ちご」:「ちがう」
 

鹿児島では「けん」を語尾に付けるのか

鹿児島弁では「けん」は使いません。
その一方で、「~け」や「~っど」などを鹿児島弁では使用。
また、鹿児島弁のイメージとして「ごわす」という方言もありますが、あまり使われていないのが現実です。

「これは西郷隆盛像の写真け?」→「これは西郷隆盛像の写真ですか?」

まとめ

方言「けん」は九州の中でも北側の県で多く使われることが多いようです。
また、あまり使わない南側でも、「けん」に代わる方言があります。
まだまだ九州には面白い方言がありますので、是非調べてみてはいかがでしょうか。

関連記事

記事を評価する

記事を評価しよう

ランキング

編集部のおすすめ