【大学生必見!】大学生におすすめの「一人旅」をご紹介します!

【大学生必見!】大学生におすすめの「一人旅」をご紹介します!

大学生の皆さん、春休みや夏休みといった長期休暇を使って旅行してみませんか?
大学生同士で楽しく旅行するのもいいですが、実は一人旅もおすすめです。
今回の記事では大学生の一人旅の魅力やおすすめスポット、注意点などをご紹介します!

大学生一人旅の魅力

Photo byFree-Photos

一人旅と聞くと、「さみしそう」や「一人で旅なんてつまらなくないの?」などの意見を言われることもあります。

しかし、一人旅には大人数での旅とは違った魅力が隠されています。
まず、その魅力についてご紹介していきましょう。

自分の思いのままに楽しめる

一人旅の魅力は、なんといっても自由さでしょう。

大人数で旅をすると、自分が行きたい場所よりもみんなが行きたい場所が優先されます。
そのため、せっかく行きたかった場所に行けず、旅行後にモヤモヤしてしまうことが。
しかし、一人旅ならそんな心配は必要ありません。
行きたい場所や旅の目的、時間まですべて自分が決めることが可能。
誰も指図する人もいないため、のびのびとした旅をすることができます。

自分探しにはぴったり

一人旅をすることで、自分は何かという問題の答えになるヒントが見つかるかもしれません。

特に、海外へ一人旅する方にとっては、このヒントは多くの場所で見つけることが可能。
日本とは違った文化や街並みを知ることで、これまでの自分の世界が大きく広がります。
その結果、旅行ではなく留学として改めて海外へ行く大学生もいます。

臨機応変に対応できる力が向上する

ツアーではなく、すべて自分で旅行を手配した大学生は、臨機応変に対応できる力を養うことができます。

突然の飛行機トラブルや体調不良など、旅行ならではのアクシデントに巻き込まれることもあります。
一人旅の場合は助けてくれる人がいないというデメリットがありますが、これをどう解決するのか。
その際の対応が何度も訪れることで、自然に臨機応変に対応できる力が向上していくはずです。

修学旅行が苦手だった方にはおすすめ

一人旅は、中高生の修学旅行が苦手だった方にはおすすめです。

修学旅行は先生や同じ班の意見があるため、思うように観光できません。
そういった不満を持っている方にとっては、自由な一人旅は幸せと思うことでしょう。

大学生におすすめの一人旅先 ~国内編~

Photo by12019

大学生におすすめの一人旅先としてまずは日本国内から紹介。

国内の場合は、安く手軽にいけるため、週末だけ旅行するといったスタイルも可能。
初めての一人旅でも安心して楽しめること、間違いなしですよ。

京都

Photo byPexels

まずおすすめする一人旅先としては、京都です。

京都といえば、修学旅行で何度もいったことがある方もいるかもしれません。
しかし、一人旅の自由さを活かして、自分が本当に行きたい京都のスポットを巡ってみましょう。
京都の魅力を再発見できますよ。

京都で嫌な縁をスパッと

京都には、様々な和の観光スポットが点在。
そのなかでもおすすめなスポットは 安井金比羅宮です。
安井金比羅宮とは、悪縁を切る縁切り神社として大人気の観光スポット。
縁切りと呼ばれているため、なかなか友人とは行きにくいスポット。
逆に一人旅の場合は、周りの心配がないため、スッキリと嫌な縁を切ることができるでしょう。

奈良

京都と一緒に、押さえておきたい一人旅先として奈良が挙げられます。

京都同様、修学旅行先として定番のスポット。
しかし、奈良には東大寺や奈良公園以外の観光スポットが数多く残っています。
奈良での一人旅では、そんな奈良の隠れたスポットを見つけてみましょう。

国宝を巡る巡礼の一人旅

奈良を一人旅する際には、奈良大和四寺巡礼と呼ばれるルートで観光してみましょう。

奈良大和四寺巡礼とは長谷寺・岡寺・安倍文殊院・室生寺の四つを巡る巡礼のこと。
四つともご本尊は国宝とされており、共通の参拝券も販売。
それぞれ古い歴史を持っており、日本の歴史を学ぶことができます。

鹿児島

定番スポットには行きなくない大学生は、鹿児島での一人旅をしてみるのはどうでしょうか。

ドラマの影響で、再注目を浴びる鹿児島。
幕末のロマンを感じられる観光スポットからオーシャンブルーの海を一望できる離島など、個性的な観光スポットが盛りだくさん。
鹿児島での一人旅で、少し変わった国内一人旅を過ごしてみましょう。

世界遺産で大自然に癒されて

鹿児島でのおすすめスポットは世界遺産の屋久島です。

世界遺産に登録されて以降、国内外から観光客が集まる人気スポット。
都会の喧騒を忘れて、自然の中で心を癒してみませんか。
また、屋久島以外にも喜界島や奄美大島など、鹿児島の離島はどれも自然にあふれています。
のんびりとした一人旅をしたい方は、屋久島以外の離島も巡ってみてはいかがでしょうか。

大学生におすすめの一人旅先 ~海外編~

お金にも休日にも余裕がある大学生は、是非海外旅行へ出かけてみましょう。

海外旅行に行ったおかげで人生が変わったという方も数多くいます。
日本とは異なる文化を知ることで、自分をより一層成長させることができますよ。

台湾

Photo byTransitJan

初めての海外ならば、台湾がおすすめ。

台湾の場合、多くの日本人観光客が多いため、日本語を話せる台湾人店員も多くいます。
また、日本から早くて2時間ほどで到着するため、短い日数でも問題なし。
日帰りプランもあるため、自分の旅行計画に合ったスタイルで台湾を満喫しましょう。

台湾で学ぶ中華の歴史

台湾には定番から奇想天外なB級スポットまで、個性的な観光スポットに満ち溢れています。

その中でも、おすすめなスポットが故宮博物院です。
中国・台湾の貴重な品々が展示されており、台湾に訪れたなら必ずは行くべきスポット。
一番有名な展示品としては、白菜に見える翠玉白菜です。

ロシア

Photo byTama66

国は知っているが、どんな観光スポットがあるのかは知られていないロシア。

ロシアには、西洋の絵画が集まるエルミタージュ美術館やロシアを代表する聖堂である聖ワシリイ大聖堂などがあります。
また、ロシアの都市ウラジオストクは、日本から非常に近い場所に位置。
そのため、手軽にヨーロッパを味わえる国としての印象もあります。

鉄道に乗ってロシア横断

ロシアを代表する都市と言えば、モスクワとサンクトペテルブルク。
もちろん、飛行機で向かうのもいいですが、長期休暇を使ってシベリア鉄道に乗って向かいましょう。

ウラジオストクからモスクワまで1週間ほどかかりますが、その分ロシアの広大な大地を目で味わうことができます。
また、シベリア鉄道は北京からモンゴルのウランバートル経由でモスクワに到着するコースもあります。
どのコースでロシアを満喫するのかは、自分の一人旅の目的次第です。

スペイン

Photo byddouk

情熱の国とも呼ばれるスペイン。

日本からの直行便も出ており、南欧を代表する国でもあります。
イスラム文化とヨーロッパ文化が混ざるスペインには、魅力あふれる観光スポットが多くあります。

ガウディが描いたバルセロナを歩く

スペインを代表する建築家、アントニ・ガウディ。
彼が設計した建物は、スペイン第二の都市であるバルセロナに数多く点在しています。

グエル公園やサグラダファミリアは日本でも有名な観光スポット。
その他にも、カサ・ビセンスやカサ・ミラなど、ガウディが遺した建物があります。
どれも世界遺産のため、バルセロナに来た際には是非チェックしておきましょう。

大学生一人旅での宿泊について

Photo bystevepb

一人旅において、観光する場所と一緒に重要なポイントが宿泊場所です。

もちろん、宿泊場所はホテルでも問題はありません。
しかし、ホテル以外にも様々な宿泊スタイルが揃っています。
格安で一人旅をしたい大学生や、変わった経験をした大学生は是非押さえておくべきポイントです。

ホステル

ホテルよりも格安で宿泊できるホステル。

ホテルとは違って、共同寝室であったり、シャワーが古かったりなどの問題もあります。
しかし、その分料金は非常に格安。
そのため、バックパッカースタイルで一人旅をする大学生にとってはおすすめな宿泊場所ですよ。

ホステルで異文化交流

ホステルの魅力は値段もありますが、それ以上に異文化交流が気軽にできることです。

格安で共同寝室が故に、様々な外国人が集まっています。
そのため、気軽におしゃべりしたり、一緒に食事をしたりすることが可能。
ホステルの中には、異文化交流を盛り上げるためのイベントを開催するケースも。
異文化交流から外国人の友達ができると、一人旅に思わぬ彩りが加わるでしょう。

民泊

近年、人気急上昇中の宿泊スタイルである民泊。

実際に地元の家に泊まることができ、長期的に宿泊するパターンの場合はホテルよりも格安に住むことができます
また、民泊の中には、目の前に海が広がるリゾート地だったり、街を一望できるマンションの最上階だったりすることも。
どういった雰囲気の家に住んでいるのかを、実際に経験したい方には非常におすすめです。

海外で民泊を利用する際のポイント

日本での民泊の場合は気軽に宿泊できると思いますが、海外で民泊するとなると不安な方も多いでしょう。
海外の場合は簡単な英語が話せるようにしておくと万が一の場合に役に立ちます。

宿泊する際には実際に民泊を貸し出しているオーナーと英語で話すことがあります。
この際に、あまり英語が話せないと、うまく意思疎通ができない可能性も。
英語が話せないと利用できないわけではないですが、利用する際は英語を覚えておくのが最適です。

治安が悪い場所ではホテルを

ホステルも民泊も、値段や文化交流などホテルとは違った魅力が秘められています。
しかし、治安の悪い場所の場合は盗難や虫刺されといったトラブルに遭うケースも。

もし、訪れた場所が治安が悪い場所の場合はホテルへ宿泊しましょう。
料金の安さよりも身の安全が優先。
無理に節約しようとしてしまうと、心から一人旅を楽しめなくなってしまいます。

大学生のうちに一人旅に出かけよう

Photo bydreamypixel

一人旅してみたいけど、したことがない大学生。
今回はそんな方々に向けた内容でしたが、いかがでしたでしょうか。
紹介した国内外の観光スポットで行ってみたいと思えた際には、是非行ってみましょう。
もし、一人旅を行う際にはホテルの予約や航空券の確保などはお早めに。
行きたいと思ったら、即行動が何より一人旅を楽しむ最大のポイントです。

関連記事

記事を評価する

記事を評価しよう

ランキング

編集部のおすすめ