自分の将来が不安な方必見!将来の不安を取り除く方法をご紹介します

自分の将来が不安な方必見!将来の不安を取り除く方法をご紹介します

大学生活は自分の人生におけるひとつの転換期です。自分の将来を決めるという大きな選択を目の前に迫られ、日々漠然とした不安に頭を悩まされている学生さんは多いのではないでしょうか。この記事ではそんな将来への不安を取り除く方法をご紹介します。

将来の不安を感じてしまう理由

「いい会社に入って、いい仕事をして、たくさん給料をもらって、素敵な相手と結婚して、いい生活をしなくちゃいけない」そう考えていませんか。

大学では連日就職セミナーが開催され、同級生はインターンシップに参加したり、すでに内定をもっているのに、自分はなにも出来ていない。

きっとあなたの周りには「いい会社に入って、いい生活をしなくてはいけない」という圧力があふれているのでしょう。そしてあなたはそれが真実であると感じているのではないでしょうか。


「だって周りのみんながそうしているから。」


その考えこそが将来の不安を大きくさせている元凶です。

 

「しなくちゃいけない」思考は不安の元

「しなくちゃいけないこと」なんて本当はありません。周りがみんな同じことをしていても、自分がどう動くかは自由です。

「いい会社に入って、いい仕事をして、たくさん給料をもらって、素敵な相手と結婚して、いい生活をしなくちゃいけない」

この考えにとらわれてしまうと、選択肢や視野が狭まり身動きががとれなくなったり、周りの人と比べてしまい余計に不安を感じてしまいます。

自分の人生のゴールは自分で決める、そう考えると少し気が楽になりませんか?
 

 

不安の正体を確かめてみよう

「そうは言っても将来への不安はなくならないよ。」と思った方もいるのではないでしょうか?

ここから先は具体的に不安を取り除く方法をご紹介します。

 

不安な気持ちを紙に書き出してみよう

不安を取り除くには、その正体を知る必要があります。まずは、頭の中にある漠然とした不安を紙に書き出してみてください。上手く言葉にできなくても大丈夫です。

もし思い浮かばないならば「わからない」と書いてみてください。ペンを動かすと自然と次の言葉が出てきます。

不安を書き出してみたら、それをじっくりと見てみましょう。文字に起こしたことで客観的かつ冷静に抱えている不安について考えることができます


例えば、
「就職できるか不安」「仕事がちゃんとできるか不安」「結婚できるか不安」「お金がなくならないか不安」「病気にならないか不安」…


あなたはどんな言葉が出てきましたか?

 

将来の不安の取り除き方

それでは上段で記載した不安の内容を例にして、不安の取り除き方を見てみましょう。

 

悩んでもどうにもならないことは忘れよう

「就職できるか不安」「仕事がちゃんとできるか不安」「結婚できるか不安」「お金がなくならないか不安」「病気にならないか不安」

この悩みのほとんどが、今悩んでいてもどうにも出来ません。


「就職できるか不安」     ➡就活してみないとわかりません。
「仕事がちゃんとできるか不安」➡働いてみないとわかりません。
「結婚できるか不安」     ➡生きていないとわかりません。
「お金がなくならないか不安」 ➡生活してみないとわかりません。
「病気にならないか不安」   ➡悩んでもどうなるかわかりません。


時間が経てば人も、社会も変わります。将来のことはその時にならないと、どうなっているかわかりません。もしかしたら実際にその時・その場面になってみたら悩みなんて一切ない、という状況も考えられます。

そうしたら、今悩んでいても悩み損ですよね。

それならばいっそ今を精一杯楽しみましょう
今を楽しむことは将来の不安を取り除くには一番良い方法です。

 

人間は未知を怖がる生き物

人は「未知」を恐れます。先述した不安の内容もすべて「この先どうなるのかわからない」、「うまくいくかわからない」という「未知」が裏に潜んでいます。

「未知」という不安を取り除く方法は、先に記載したように「未知」なことに悩むことをやめて今を楽しむこと、もしくは「既知」にすることです。

「未知」を「未知」のままにしておくと、ずっとわからないことに怯え続けることになります。もし、あなたがわからないこと、知らないことを知る勇気・チャレンジする勇気がもてたなら、不安に正面からぶつかってみましょう。

「未知」の世界を「既知」にすることは不安を解消するとともに、新しいことを学ぶチャンスでもあります。不安を成長のチャンスと考え、ぜひ正面突破してみてください。

 

どうしても将来の不安が取り除けない場合

特定の考え方に凝り固まってしまって他のことが考えられないときもあるでしょう。脳が悩み事で常に緊張状態となって疲れてしまっているのかもしれません。

そんなときはとにかくリラックスすること意識してみてください。

 

リラックス方法の例

  • 友達に話を聞いてもらう
友達にあなたの溜め込んだ不安を聞いてもらいましょう。聞いてもらうだけで気が楽になります。
  • 元気になれる曲を聴く
あなたの大好きな、心を元気にしてくれる曲を聴きましょう。友達とカラオケで歌って発散するのも効果的です。
  • お風呂にゆっくりつかる
ぬるめのお風呂にゆっくりつかると副交感神経(リラックスモードの時に活動する神経)が刺激され、身体も心もリラックス状態になれます。
  • 気が済むまで寝てみる
気持ちよく眠りたいときはお風呂にゆっくりつかった後、手足を冷まさないようにお布団に入ると良い睡眠がとれます。
  • アロマを焚いてみる
アロマを焚くことでも副交感神経に働きかけることができます。リラックス効果のある香りを楽しんでみてください。
  • 軽い運動をしてみる
心と身体は連動しています。心に溜まったモヤモヤは身体動かして発散しましょう。

 

将来の不安と向き合おう

将来の不安を感じてしまう理由、不安の正体、不安を取り除く方法を紹介してきました。この記事が少しでも皆さまの不安の解消の助けになりましたら幸いです。

不安の裏には「未知」が潜んでいます。今、将来の不安を抱えているあなたは新しい世界の扉の前に立ってるということでしょう。

不安を感じるのは前に進もうとしている証拠です。自分を成長させる機会であるとポジティブに考えてもらえたら嬉しいです。

ただ、常にポジティブに挑戦し続けるのはとても大変なことです。時には一休みしましょう。

今を楽しめるは今だけです。今この瞬間を思い切り楽しんだり、リラックスして不安と少しの間さよならをしましょう。

関連記事

記事を評価する

記事を評価しよう

ランキング

編集部のおすすめ