「器用貧乏」の意味とは?器用貧乏な人の長所と適した仕事を解説!

「器用貧乏」の意味とは?器用貧乏な人の長所と適した仕事を解説!

「器用貧乏」という言葉を聞いたことはありますか?
ネガティブな印象を持つ方もいるかもしれませんが、そのようなことはありません。
今回は「器用貧乏」という言葉がどういう意味なのかを解説します。
また、その長所やおすすめの職業も合わせてご紹介します!

器用貧乏とはどういう意味?

器用貧乏とは、いろいろなことが器用にできるものの、どれも中途半端に終わってしまう特徴のことです。
意味を聞くだけでは、羨ましい能力かと思いますが、そのように言われる方は悩んでいる場合もあります。

なぜ悩むのか

悩む理由としては、物事全てが中途半端に終わってしまうため、「自分は何もできない」と思い込んでしまうためです。
特に就活の際には、悩み始めるきっかけにも。
また、中途半端に器用なため、何かに秀でているものがなく、自分の長所が分からない方もいます。
後ほど、長所やプラスの言い換えも登場するため、確認しておきましょう。

どんな言葉で言い換えられるのか

器用貧乏は様々な言葉の意味に言い換えられることがあります。
プラスの意味で言い換えると、オールラウンダーや多動力のある人、ゼネラリストなど。
多趣味を持つ方も、言い換えで器用貧乏と呼ばれることがあります。

一方でマイナスの意味で言い換えると、中途半端やスキルがない人など。
もし、これらの言葉を言われる方は、器用貧乏なのかもしれません。

器用貧乏の短所

器用貧乏な方が仕事や生活で悩む理由をもう少し具体的に探ってみましょう。
器用貧乏の短所としては以下の4つあります。
 

器用貧乏の短所

  • 1.物事が長続きしない
  • 2.ナンバーワンになりたいという気持ちがない
  • 3.他人に評価されにくい
  • 4.同じことを続けるのが苦手

1.物事が長続きしない

器用貧乏の一番の短所は、物事が長続きしないことです。
始める最初は熱中するものの、いつの間にか熱が冷めてしまう。
または、新たなものに目移りしてしまって、今の趣味や職業へのやる気が失せてしまうこともあります。
そのため、どうしても全てが中途半端に終わってしまい、自分の長所がわからなくなってしまいます。
これらは三日坊主と意味が似ているため、器用貧乏な方は三日坊主と言われることもあります。

2.ナンバーワンになりたいという気持ちがない

器用貧乏の方の多くは、1つの物事に対して極めようという気持ちが少ないです。
そのため、何か1つに熱中したり、ずっと続けたりという行動が苦手。
また、器用な部分もあるため、さほど努力しなくてもある程度上手くなるのも他の人よりも早いです。
しかし、そこから努力して極める気持ちがないため、他の人にとってはもったいないと思う方もいます。

3.他人に評価されにくい

何かに熱中することがあまりないため、どうしても周囲に評価されません。
そのため、器用貧乏という言葉がネガティブな意味で使われることも。
なにか一つのことを成果として残そうとしないため、ビジネスにおいては大きなマイナスポイントになってしまう場合もあります。

4.同じことを続けるのが苦手

器用貧乏は、同じことをずっと続けることが苦手です。
苦手な理由としては、毎日新しいことをやってみたい気持ちがあるため。
毎日変わらないことを続けるのは、器用貧乏が苦しむ原因になってしまいます。

器用貧乏の長所

短所だけではなく、器用貧乏には長所もあります。
簡単に長所をまとめると、以下の通り。
ここからは1つずつ紹介します。

器用貧乏の長所

  • 1.好奇心旺盛
  • 2.器用
  • 3.何事にもチャレンジする精神
  • 4.幅広い人脈を作りやすい

1.好奇心旺盛

器用貧乏の長所として、様々なことに興味を持っています。
そのため、他の人よりも好奇心が強く、様々なことにチャレンジできます。
結果として、浅く広く経験を学ぶことができるため、博識になることもあります。

2.器用

名前の通り、どのようなことであっても、器用貧乏の方はすぐにコツを掴みます。
そのおかげで、そこまで練習や経験をしなくても、あっという間に上達。
一定の技術を短時間で身につけることができます。

もし、器用貧乏と言われたことがある方はネガティブな意味に言い換えて判断する必要はありません。
嫌なこと言われたとは考えずに、様々なことにチャレンジして、他の人よりも経験を積むのがおすすめです。
 

3.何事もチャレンジする精神

好奇心が強いこともあって、どんなことでもチャレンジします。
器用貧乏な方には、やらずに後悔したくない方もいるため、どんなに難しいことでも挑戦できます。
仮に失敗したとしても、また新たなことに挑戦するため、ずっと失敗した後悔を引っ張ることはありません。

4.幅広い人脈を作りやすい

器用貧乏で人見知りではない方の場合、多くの人脈を持つことが可能です。
様々な経験をするということは、その分多くの人と関わることになります。
それゆえに、交友関係の親密さとは別に、人脈が広がりますよ。
 

どんな職業に向いているのか

就職活動において、器用貧乏という特徴はどのような仕事で活かせるのか、悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
そこで、これから就職活動をする方のために、器用貧乏の方におすすめの仕事をご紹介します。
是非、職業探しの参考にしてみましょう。

1.ディレクター

ディレクターとは英語で演出家・監督という意味。
テレビ業界からIT関係まで、様々な職業にディレクターがいます。
ディレクターは、数多くの部下に対して支持を出したり、作品を生み出す仕事です。
様々なことに興味がある器用貧乏な方にとっては、ディレクターのような多くのことを行う仕事が向いていますよ。
 

まずはアシスタントから

ディレクターになるためには、まず数年アシスタントから働き始める必要があります。
大変な業務の場合もありますが、しっかりと技術を学びましょう。
アシスタントの際に技術を学んでおかないと、どんな職業でもうまく指示を出せないことになります。
どんなに小さなことでも、ディレクターを目指して日々努力を重ねることが、器用貧乏の長所を活かせるディレクターになるコツです。

2.ライター

ライターは、クライアントの指示に従って文章を書く仕事です。
1つのジャンルに特化するライターもいますが、多様なジャンルをまとめて対応するライターもいます。
浅く広く知識を持つ器用貧乏な方にとっては、その知識を使えるライターはおすすめの職業。
また、知らない事に関する指示があっても、新しいことに好奇心を持つ器用貧乏な方にとっては、大変どころか楽しく思えることでしょう。

クラウドソーシングから始めて見るのがおすすめ

ライターという仕事も、ディレクター同様にいきなりなれるものではありません。
アルバイトという方法もありますが、なかなか募集されることは少ないです。
その際に、おすすめな方法がクラウドソーシングです。

クラウドソーシングとは、インターネット上で仕事をもらって働けるサービスのこと。
経験がなくても、気軽に始めることができます。
ライティングに関する案件は、毎日増加していますよ。
無数のライティング案件から、自分の気になる仕事を選んで、まずはやってみるのが最適です。
未経験でも可能な案件もありますので、スキルが無いとできないのではないかといった心配はいりません。

3.カウンセラー

人と話すのが好きならば、カウンセラーも向いています。
カウンセラーといっても、心理カウンセラーやキャリアカウンセラーなど職業は様々。
自分の経験や知識に合わせて、目指すのが良いでしょう。
また、何事にもチャレンジする精神があるため、どのような悩みに対しても真剣に解決しようと努力します。
人と関わることに就きたい方は、カウンセラーという職業も考えてみてはいかがでしょうか。

器用貧乏を治すためには

どうしても器用貧乏を治すためには、どうすればいいのでしょうか。
様々な方法がありますが、その中でもおすすめの方法をピックアップしました。

目標を決める

目標を決めて、それに対する努力を続けましょう。
途中で飽きたり、辛くなる場合もありますが、それを克服したいのならば我慢する必要があります。
他のものに目移りしないような空間作りや、目標達成に関する知識の習得など、少しずつ器用貧乏を治していくようにしてみるのがおすすめです。

本当にしたいことを見極める

様々な経験の中で、自分が本当にしてみたいことを見極めてみましょう。
どの経験が一番楽しかったのか。どの経験が一番やりがいがあったのか。
1つのことを成し遂げる前には、どれを続けるのか見つける必要があります。
それが分からないと、器用貧乏を治すことは難しくなります。

時間が限られていることを考える

様々なことにチャレンジするのは良いですが、時間は無限ではありません。
特に20代のうちにチャレンジするのはいいですが、40~50代ではなかなかできません。
今後の限られた人生でどのように過ごすのか。
そのことを考えることで、器用貧乏を治そうという気持ちが芽生えます。

その他の治し方

器用貧乏の治し方は、数々あります。
社会人になる前に器用貧乏を治したい方は、まず自分に向いている方法を見つけましょう。
自分に向いていない方法で治すのは、大変ですよ。

器用貧乏はどのように思われているのか

短所も長所もある器用貧乏。
果たして、世の中ではどのように思われているのでしょうか。
ツイッターにて器用貧乏に関するツイートを探しましたので、見ていきましょう。

器用貧乏は稼げない

器用貧乏は、中途半端な人間とも思われることがあります。
様々な経験をしていたとしても、十分に習得できていないのならば、ビジネスとしては何の意味にもなりません。
また、ナンバーワンになりたいという気持ちも少ないため、その業界で大きく活躍することも難しいです。
様々な経験をする際は、スキルとして活かせるほど努力してみるのが良いでしょう。

器用貧乏よりもスペシャリストのほうが需要が高い?

自分にしかできないことや何か極めたい方は、器用貧乏を治すのが良いでしょう。
スペシャリストになることで、その人にしかできない仕事をすることができます。
特にニッチな業界であればあるほど、スペシャリストの必要性が上がりますよ。

1つのことを極めてから他のことへ

器用貧乏がビジネスで成功するには、何か1つを極めておくべきでしょう。
何もかもが、中途半端の場合は不安定なビジネスになってしまうことも。
まずは、何か1つでスキルを極めた後に新たなチャレンジをしてみましょう。

たった1つの出来事で器用貧乏が治ることも

器用貧乏になる背景には、まだ自分が本気で好きになるものに出会えてないからと言い換えることも可能。
そのため、様々なチャレンジをしていく中で、好きなものに出会えたときに器用貧乏が治るかもしれません。
ツイートでは「恋」ですが、「会社」や「友人」など、治るきっかけになるものは人それぞれですよ。
もし器用貧乏を治したい方は、引き続き新たなことにチャレンジするのも良いでしょう。

これからの時代は器用貧乏

1つのスキルよりも、様々なスキルを組み合わせることができる器用貧乏がビジネスで活躍できるというツイートもあります。
特に、フリーランスにおいては、どのようなスキルや経験を組み合わせるかによって自分らしい職業を見つけられますよ。
ツイートのように、70点ほどのスキルを数多く揃えて、組み合わせて自分のビジネススタイルを確立してみましょう。

どんな経験も無駄にはならない

経験が多いということは、自分の人生観や考え方にも変化を与えます。
多いからと言って、無駄になることはありません。
時には、ちょっとした経験が大きな出来事で大変重要になる可能性も。
器用貧乏の方は、是非気になる事があるのならば、積極的にチャレンジしてみましょう。

器用貧乏ならフリーランスになる手もあり

器用貧乏のマイナスなポイントとして、他の人よりも抜きん出たスキルがないということ。
しかし、上記でも述べましたが、スキルや経験の組み合わせ次第で誰にもできないスキルになることも。
誰にもできないスキルに気づいたのならば、フリーランスにチャレンジしてみましょう。
フリーランスのため、会社や上司から縛られることはありません。
自分の好奇心のままに、働くことができますよ。

これからの器用貧乏の生き方

今後、どのように器用貧乏の人生を歩めばいいのでしょうか。
複数のスキルや未来予測、会計学の勉強など。
ツイートでまとめられていることは、どれもビジネスにおいて役立つことですので、チェックしておくのがいいでしょう。
特に、定年退職という概念が崩壊した今において、最後のフリーランス的思考は是非押さえておくべきポイントですよ。

器用貧乏の方は「自分が何の天才なのか」を探している?

器用貧乏は様々なことにチャレンジするも、何か秀でるようになるまで集中力や情熱が保たれません。
その中で、どこかのジャンルで天才と思われるような人物になりたい方もいることでしょう。
「一体どのジャンルで他人によりも秀でることができるようになるのか」
それを見つけるのに時間がかかる人が、器用貧乏と言い換えられる場合もあります。

まとめ

今回は、器用貧乏の長所・短所からおすすめの仕事まで紹介しましたが、いかがでしょうか。
器用貧乏と言われてネガティブな気持ちになっていた方は、プラスになる言い換えや職業を見つけられたでしょうか。
是非、器用貧乏を活かした人生にしたい方や職業に就きたい方は、これからも長所を活かした日々を過ごしてみるのがおすすめですよ。

関連記事

記事を評価する

記事を評価しよう

ランキング

編集部のおすすめ