【親孝行したい方必見】最高の親孝行の方法を32個ご紹介します

【親孝行したい方必見】最高の親孝行の方法を32個ご紹介します

親孝行していますか?したいと思っていてもなかなか出来ないという人も多いでしょう。照れくさかったり、どうしようか迷ったり理由はいろいろありますよね。ですが親孝行が出来る時間は限られています。この記事では「すぐにしたい!最高の親孝行の方法」をご紹介します。

親孝行したいですか?

あなたは親孝行していますか?

とある20代向けの親孝行に関する調査では、以下のような結果が出ています。

「親孝行をしたいと思っている」人の割合が78%
「親孝行をしたいと思わない」人の割合が22%

「社会人になってから親孝行をした」人の割合が65%
「社会人になってから親孝行をしてない」人の割合が35%

親孝行をしたいと思っている人の割合は多いですね。この調査では実際にした親孝行として、少し高いものをプレゼントしたという回答がみられました。

お金のかかる親孝行は学生には少し難しいかもしれません。ですが、お金をかけなくても出来る親孝行は沢山あります。

あの時親孝行しておけば良かったと後悔しないように、思い立ったらすぐに行動に移しましょう!

親孝行したいときに親はなし

「親孝行したいときに親はなし」ということわざをご存知でしょうか。

このことわざの意味は、「親が生きている時にはありがたみを実感できず、親が亡くなってからそのありがたみに気づいても、感謝したいときにすでに親はいない。生きているうちに孝行したかったと後悔する」ことを指しています。

現在日本人の平均寿命は男性「81.09歳」、女性「87.26歳」です。そして、近年の平均初産歳は30歳を超えています。

つまり女性が30代で子どもを産んだと仮定して、その子どもが成人するときに両親の年齢は50歳前後となります。平均寿命を考えるとあなたが両親と過ごせる時間は単純計算で残り30年です。

ですが実家を出て暮らしている、暮らそうと思っている方は両親と共に過ごせる時間はもっと短くなります。さらに言えばその残りの時間、ご両親がずっと健康で動ける状態であるという保証はありません。

子どもが親孝行出来る時間は案外少ないということがお判り頂けたでしょうか。限られた時間の中でなにが出来るか、何をしてあげたいかよく考えてみましょう。

親孝行をしたいけど何をすればいいの?

親孝行をしたいけど、なにをすればいいの?と悩んでしまう方は多いかと思います。難しく考える必要はありません。

親が喜んでくれると思うこと、自分がしてあげたいと思うことをすればよいのです。親に何をしてほしいか聞くと「あなたが元気で幸せでいればいいんだよ」と言ってくれるかもしれません。

もちろんそれは真理でしょう。ですがそれでもなにかしてあげたいと思うのが、子ども心というものです。

次の章ではそんな子ども心にお応えして、親孝行の具体的な方法をご紹介します。

今すぐしたい!最高の親孝行の方法32選

すぐに出来る方法から特別な方法まで、親が元気な間にしておきたい最高の親孝行の方法を32個ご紹介します。

すぐできる親孝行の方法16選

①親との会話の量を増やす
子どもと会話をするだけで親は嬉しいものです。普段あまり話さないという方は、特に意識して話しかけてみましょう。

会話の内容はなんでも大丈夫です。世間話や今日のご飯のリクエストというのはいかがでしょう?

②日々の感謝を言葉にする
感謝の言葉を口にするのは気恥ずかしいですよね。だからこそ、その気持ちを伝えることで親は喜んでくれるはずです。

どうしても恥ずかしくて面と向かって言えない、という方は手紙にしたためるのもひとつの方法です。

③電話をかける
実家から離れて暮らしている方は、親に電話をしてみましょう。声を聴かせてあげるだけでも立派な親孝行です。

離れている子どもが元気にやっているのか、困っていることはないかなど、親があなたと話したいことはきっと沢山あるでしょう。

④一緒にお出かけ
大人になるにつれ、親と外へ出かける機会は少なくなりますよね。大人になったからこそわかる、親と一緒に出かける楽しさを両親と共に味わってみてはいかがでしょう。

買い物やご飯、テーマパークに行くのもいいですね。外出は親が元気な内しか出来ません。

ぜひ沢山お出かけして、素敵な思い出を作ってみてください。

⑤一緒にお酒を飲む
大人になった子どもとお酒を飲むことを夢に見る親は少なくありません。そんな夢を叶えて親孝行しましょう。

家飲みでも居酒屋でもいいので、一緒にお酒を飲んで酔っ払いましょう。

⑥ご飯をご馳走する
バイトの給料や就職して得た初任給で親にご飯をご馳走しましょう。ご馳走してもらうと、親は子どもが大人になったと実感することが出来ます。

高いお店でなくても良いんです。親にとって、ご馳走してくれるその気持ちが嬉しいのです。

⑦家のDIY・模様替えをする
実家の古くなった場所や、壊れた家具などを直してあげましょう。家の中がキレイになって喜ばない人はいません。

DIYはハードルが高いという方は模様替えをしてみることをお勧めします。例えば汚れた壁にウォールステッカーを張ってキレイにしてみたり、くたびれたクッションを入れ替えてみるなど、簡単なことから挑戦してみましょう。

⑧家事を手伝う
日常的に出来る親孝行として、家事を手伝うという方法があります。普段家事をしないという人ほど、親は驚くと同時に喜んでくれるはずです。

掃除、洗濯、料理とやることは沢山あります。まずは自分が出来ることから始めましょう。

⑨洋服をプレゼントする
お父さんでもお母さんでも、2人一緒にでも洋服をプレゼントするのはいかがでしょう。子どもが選んでくれた洋服ならば、どんな服でも喜んでくれるはずです。

子育てが忙しく自分たちの服なんて二の次、となっている親御さんは多いかと思います。普段着ないようなとびきりおしゃれな洋服をプレゼントしたいですね。

⑩洋服をコーディネートしてあげる
洋服をプレゼントするだけでなく、全身コーディネートしてあげましょう。おしゃれな若い恰好で一緒にお出かけすれば、きっと親は楽しんでくれます。

プレゼントした服や、自分(子ども)が普段着ている服を使って全身コーディネートをプレゼントしてみましょう。

⑪化粧品をプレゼントする
お母さんには化粧品をプレゼントしてあげるのもよいでしょう。女性はいつまでたっても女性ですので、キレイになることは嬉しいものです。

家事に仕事に忙しく化粧なんてしてこなかった、というお母さんもいらっしゃるでしょう。この機会にぜひ最新のお化粧品をプレゼントしてみてはいかがですか。

⑫お化粧をしてあげる
プレゼントした化粧品でお母さんを思いっきり素敵に変身させましょう。普段お化粧しないお母さんも、子どもにしてもらえたら嬉しいものです。

お化粧をしてあげる際にお化粧の方法をお母さんに教えてあげるのもよいでしょう。自分で好きな時にお化粧できるとお母さんのお出かけ頻度もきっと増えるはずです。

⑬一緒に写真をとる
親と写真撮る機会は意外とありませんよね。だからこそ、一緒に写真をとって思い出を残すことは親にとって最高の親孝行になるのです。

記念日のかしこまった写真もいいですが、普段の何気ない瞬間を切り取った写真も良い思い出になるはずです。家族専用のカメラマンになった気分で沢山写真を残しましょう。

⑭マッサージをしてあげる
疲れている親の体をマッサージで癒してあげましょう。これも手軽に出来て喜んでもらえる親孝行の方法です。

肩をたたいたり、腰をもんだり、出来る範囲でやってみましょう。ちょっとした時間で出来るのもこの方法のポイントです。

⑮PCや携帯の使い方を教えてあげる
PCや携帯電話を持ってはいるものの、使いこなせず悩んでる親御さんはいらっしゃるのではないでしょうか。その悩みを解決してあげるのも親孝行になります。

メールやテレビ電話の使い方を教えてあげれば、いつでも子どもと連絡が取れるようになりきっと喜んでくれるはずです。

⑯仕事をしている姿を見せる
もしあなたが社会人なら、仕事している姿や仕事の成果を見せてあげるのも親孝行になります。親は子どもがどんな仕事をしているか気になるものです。

会社によってはファミリーデーのような家族を職場に招いて仕事を紹介する日を設けている場合があります。その日を利用してみるのも手でしょう。

人によって仕事の成果のかたちは様々ですが、あなたの頑張っている姿を親に見せてあげるのはいかがでしょうか。

身近な親孝行の方法10選

①父の日、母の日を祝う
父の日、母の日のお祝いをしましょう。ケーキを用意したり、プレゼント送ったり、感謝の気持ちを手紙につづってプレゼントするのもよい親孝行になるでしょう。

普段は気恥ずかしく感謝の気持ちを伝えられない人にとって、父の日、母の日というのは良いキッカケになります。ぜひ活用しましょう。

②誕生日を祝う
親の誕生日を盛大にお祝いしてみるのはいかがでしょう。子どもの方から積極的にお祝いをしてくれるのは、親にとってとても幸せなことです。

子どもの誕生日は祝うけど、親の誕生日にお祝いはしないというご家庭もあるのではないでしょうか。そんなご家庭こそ、子ども主導で誕生日会を決行してみましょう。

③旅行につれていく
感謝の気持ちを旅行にいくことで表す方法です。子どもが大人になると家族旅行にいく機会が減ってしまいますよね。

久しぶりに家族水入らずの旅行を提案してみるのはどうでしょうか。ゆっくり出来る温泉旅館などいいかもしれませんね。

​​​​​​④実家に帰省する
実家を離れて遠くに住んでいる方は、実家に帰って親に顔を見せてあげましょう。元気な姿を見せるのが、実は一番の親孝行なのです。

なかなか実家に帰るのが難しいという方はテレビ電話をかけたり、元気な姿が映った写真を送ってみるのもよいでしょう。子どもが元気でいるとわかるだけでも親は安心出来ます。

⑤ネイルサロンにいく
お母さんをおしゃれにする親孝行です。女性はネイルをすると幸せな気分になれます。

もしお母さんがネイル初体験ならば、新しい世界を経験させてあげることも出来る一石二鳥の親孝行です。

⑥エステにつれていく
エステは女性のものだと思われがちですが、最近は男性向けエステも充実しています。これまでに育ててくれたお礼にちょっとリッチなリラックス体験をプレゼントしましょう。

両親ともにエステに行ったことが無かったのならば、こちらも新しい世界を経験させてあげられて一石二鳥の親孝行ですね。

⑦一緒にマッサージにいく
仕事や家事で毎日忙しい親の体を労わってあげる親孝行です。プロの手で日々の疲れを吹き飛ばしてあげてください。

事前に親に体のつらい部分を聞いて、そこに良く効くマッサージ屋さんをリサーチしてからいくとよいでしょう。

⑧親の行きたいところへいく
親の行きたい所をリサーチして連れて行ってあげましょう。きっと喜んでくれるはずです。

もし行きたいところが無い、というときは行ったことがないところへ連れて行ってあげるのはいかがでしょう。最新のスポットや若い人に人気の場所を紹介してみましょう。

⑨ちょっといいお酒をプレゼントする
お酒は大人だからこそプレゼントできる一品です。普段なかなか飲まないちょっといいお酒をプレゼントして一緒に酒盛りするのも良いですね。

親が好きなお酒をリサーチして、とっておきの一品をプレゼントしましょう。

⑩親の欲しいものをプレゼントする
親の欲しいものをリサーチしてプレゼントします。親はこどものためにと、なにかと自分の欲しいものを我慢しがちです。

だからこそ子どもの方から親の欲しいものを送ることが親孝行になるのです。

特別な親孝行の方法6選

①結婚式を挙げる
これはしたいと思って出来ることではありませんが、花嫁姿・花婿姿を親に見せるのは立派な親孝行です。結婚式を挙げて親への感謝の気持ちをスピーチで伝えるのも喜んでくれることでしょう。

もちろん結婚することが全てではありません。結婚しなくても子どもが健やかに育ち、幸せな生活を送っていれば親は嬉しいのです。

②孫の顔を見せる
こちらもだれでも出来る方法ではありません。もし孫ができたのなら、親によく顔をみせてあげると喜んでくれるでしょう。

孫の顔を見せることが出来なくても、なんの問題もありません。あなたが仕事でがんばっている姿や楽しく生きていることが伝わればそれで十分でしょう。

③家をプレゼントする
家をプレゼントするというのは、なかなかハードルが高い親孝行です。もし家が古くなっていたり、耐震に不安があるといった理由があるのならば考えてみたい方法ですね。

もちろん家をプレゼント出来ずとも他に出来る親孝行は沢山あるはずです。自分の出来る範囲でしたいことをしてあげましょう。

④親の介護をする
親の介護は、いつかは考えなければならないことです。老後に子どもが近くにいることは、安心できる環境と言えるでしょう。

もちろん、一人で介護を背負うことはありません。家族や様々な施設、制度を利用して、無理をせず介護を続けることを考えてみてください。

⑤自立する
親にとって、子どもが健康で自立して幸せに暮らしていることが一番の喜びです。親孝行をしたいと考えている方で自立前の方は、これからどう自立して生きていくかぜひ想像してみましょう。

⑥親より長生きする
親にとって何よりも悲しいのは、自分より先に子どもが逝ってしまうことです。親が逝ってしまうまで傍にいて、最後をみとるのが子の役目です。

世の中には不慮の事故や病気など、本人の力だけでもどうにもならないこともあります。自分で出来る健康管理や身の周りの危険の対処は怠らないようにしてください。

親孝行に関する後悔エピソード

もっと親孝行をしたかった、そう思って後悔している方は少なくありません。そんな後悔を頂いている方の経験談をご紹介します。



Aさんは現在60歳で3人の子どもの母親です。Aさんは父親を早くに亡くし、今から6年前程前に母親も他界しました。

Aさんの母親は献身的に子どもの世話をしてくれていました。幼いころのAさんは母の大変さが分からず、家の手伝いなどはしていなかったそうです。

大人になってから両親への感謝を伝えるために両親に旅行をプレゼントしたことがあったそうです。ですが現代のように現地や宿の情報を収集することが難しく、そのプレゼントはあまり上手くいかなかったのだと今でも悔しそうに語っていました。

父親が亡くなり、母親がアルツハイマーを患った時も近くにいることが難しく何もしてあげられなかったと後悔しています。

沢山の愛情を注いで育ててくれた両親を、もっといろんなところに連れて行ってあげたかった。元気で動けるうちにもっといい思いをさせてあげたかったと、今でも後悔していると話してくれました。

Aさんは親が健康で動けるうちに行動したほうがいい、そう教えてくれました。

親孝行をしたいと思ったらすぐ行動しよう

今すぐしたい!最高の親孝行の方法を32個をご紹介しました。この記事が何をしたらいいか悩んでいる方の参考になりましたら幸いです。

親にとって一番の嬉しい親孝行は子どもが元気で自立して、一人前になって、幸せになってくれることです。まずは、あなた自身が健康で幸せになれるように生きていきましょう。

その上で親に感謝の気持ちを伝えてみたり、してあげたいと思ったことをしてみましょう。皆さまがご両親と限りある貴重な時間を大切に、後悔の無いよう過ごして頂けたらと心より願っております。

関連記事

記事を評価する

記事を評価しよう

ランキング

編集部のおすすめ