「人の成長に携わりたい」ブレない軸のiroots

「人の成長に携わりたい」ブレない軸のiroots

【片岡 里紗(かたおか りさ)】
慶應義塾大学文学部卒業。学生団体AIESECに所属しながら、複数の長期インターンをこなし、自身の進路につなげた片岡さん。そんな片岡さんの"iroots"にせまります。

大学での多岐にわたる活動

片岡さん、本日はどうぞよろしくお願いします!
よろしくお願いします!

片岡さんは大学生時代どのような活動をしていたのですか?長期インターンを複数こなしていたともお聞きしましたけど。
学生団体アイセックの活動を1年生の時からしていました。そしての1年の秋からベンチャーのマーケティングに携わるインターンを始めました。その後は2年の秋からお馴染みのirootsLOUNGEでインターンを、並行して3年の春から人材系のインターンに取り組みました。

そんなにたくさんすごいですね!具体的にはどんな活動内容をしていましたか?
学生団体アイセックの活動では、海外インターンに行く学生向けの支援をしていました。海外から日本へ来た人をサポートすることもあるんですが、私は学生を送り出すのがメインでした。他には企業とアイセックのコラボに携わったこともあって、女性リーダーを作ろうという企画の運営などもしたことがあります。1年生の時にはじめたインターンはグルメ系アプリのスタートアップ企業で、マーケティング関係の仕事でした。なんとなくマーケティングに興味あるかもって思っていたのがきっかけで始めた覚えがあります。ただ実際に仕事をしてみて、自分が本当にやりたいことではないと気付いたので、ずっとは続けませんでした(笑)。 2年の時から始めたirootsLOUNGEは、irootsの就活サービスに登録していたのが直接的なきっかけで始めました。新しい事業が0からどのように形成されていくのかに携わることができました。自分の力で何かを作るということがとても興味深く感じられましたね。そして3年生からはirootsLOUNGEをやりながら、人材系のインターンを始めました。長期インターンの紹介をするキャリア面談が主な仕事です。今思うと結構いろんなことに挑戦してきた大学生時代でしたね(笑)。













 

興味があったらとりあえずやってみる

普通であったらバイト・サークルに力を入れる学生も多いですが、インターンを始めようとしたきっかけとかはありますか?
学生団体の先輩の影響ですかね。あとちょうど自分がバイトをやめてたからっていうのもあるかもしれません。周りで1年生の時から始めてる人も普通にいたので、自分もやってみようって。

でも学生団体での仕事もあるのに複数の長期インターンをするのは大変じゃなかったんですか(笑)?
友達からも忙しすぎない?って心配されたりもしましたね(笑)。 でも自分は家でダラダラするよりも何かしたいっていうタイプなんで、初めてみようかなって。大学生ってせっかくたくさん時間あるじゃないですか。それは自分がやりたいことは何でもできるってことなんで、とりあえずやってみよう!って思いました。あとインターンに参加することによって社会でどうやっていけばいいのか、企業の中で学べると思ったんですよね。それが自己成長につながるかなぁって。



晴らしい行動力ですね!とりあえずやってみるという挑戦する姿勢だけでなく、ちゃんと先のことも考えていてすごいと思います。
そんなことないですよ(笑)。 でも楽しそう、面白そうって思ったことにはまず取り組んでみようという意識は常に持っていたかもしれません。今思えばその心構えが私の原動力だったのかなぁって思います。あと綺麗事かもしれないですが、周りの環境がよくなったり、笑顔になってくれるならいいかな、やってみるか!ってなります(笑)。 だから大変でもそこまで苦じゃないのかもしれないです。

 

小さい頃からの多様な触れ合いの機会

しっかりとしたイメージの強い片岡さんですが、小さい頃はどんな子供だったんですか?
小学校入る前はかなりの人見知りで、いつも親にべったりしていました(笑) でも小学校入ってからはいろんな人と会う機会増えていったので、少しずつ改善されていきました。親が教育熱心だったということもあって、受験をして小中高一貫校に通っていました。小学3年生の時から2年間シンガポールの日本人学校に通っていた経験もあります。ただ自分の周りでも海外へ行く友達は多かったですね。

普通の人よりも小さい頃からいろいろな人と交流することが多かったという印象ですね。
そうですね(笑) 。シンガポールに滞在していた時も、多民族国家であるだけに多種多様な人々と出会う機会はたくさんありましたし、中学生の時も周りが帰国子女ばかりで、いろいろな価値観を持った人が身近にいました。「人と違ってもいい」「どんな人でも受け入れる」という考え方を小さい頃から持つことができたのは、周りの環境の影響が強いかもしれません。

小さい頃は特に親とか友達とか、身の回りのものに左右されてしまうので、環境って大切ですよね……ところでなぜ慶應義塾大学を選んだのですか?
高校の頃に心理学の授業を受けたのがきっかけです。それまでは心理学っていうと少し暗い感じのイメージがあったのですが、その授業を受けてみていろいろな心理学があることを知りました。心理学の中でも人がものを見てどう感じるかについて研究する認知心理学に興味を持ちました。例えば広告も心理学に関係していて、実際の生活にも関係する心理学って面白いなって思って。そこで自分が研究したい心理学が、慶應義塾大学なら学べると知ったので慶應義塾大学に決めました。そして実際に大学に入ってみると、起業している人や学外でも新たなことに挑戦している人など、いろいろな人がいることに驚いたのを覚えています。その時、それ以前の自分は親の影響力も大きく、敷かれたレールをたどっていただけなのかもしれないと気づかされました。また、もし小さい頃からたくさん選択肢があると知っていたら、何か違っていたのかなぁとも感じました。そこから自分の選択肢をもっと広げたい、世界を広げたいという気持ちが芽生えましたね。


今小さい頃を振り返ってみるとどうですか?
多様な人の多様な考えや価値観に触れる機会がたくさんあって、いろいろな経験ができた幼少期だったと思います。今思えば、それが人に関わりたいという気持ちにつながったのかなぁと感じますね。そう思うと決められたルートに沿って進んできたようだけれど、だからこそ大学で自分で選択して挑戦できたし、今の自分につながっている部分がたくさんあるので良かったと思っています。









 

「人の成長が見たい!」その原点は?

ところで、人材系の企業で働きたいと思ったきっかけはなんですか?
人材系の仕事をしたいと思うようになったのはアイセックでの活動がきっかけですね。海外インターンに行く学生を送り出すということをやっていて、なぜ海外インターンへ行くのか、何を目的として行くのかを一緒に考えてみたり、悩みを聞いたりしていて全面的にサポートしていました。ただ海外へ行く前と帰って来た後では、その人が全然違っているんですよ!変わった姿で帰ってくる学生を直で見てきて、すごく面白いと思いました。そして人の変化に関われるということにすごくやりがいを感じました。自分がサポートすることで、誰かが成長する手助けができたらいいなぁ、一人一人と向き合ってその人の変化をみたいなぁという気持ちが強まっていきましたね。人の成長に携わりたい!と思うようになりました。

人の成長に携わりたいって素敵です!インターンでの経験はどのように進路に生かされたと思いますか?
周りの人の影響や、実際の企業の中で実践してみたいという気持ちがあって始めたインターンですが、私はいろいろなインターンを経験して良かったと思っています。なんとなく興味があったという理由でマーケティング関係のインターンもしていましたが、実際にやってみるとあれ?ちょっと違うかなって気づかされました。普通に楽しいけれど自分で何かを作り上げていくということを将来やりたいわけじゃないって。やっぱりアイセックの活動で人の成長に携わりたいという気持ちが大きくなったので、人材系のインターンを始めました。インターンのおかげで遠回りをせず、自分が本当にやりたいことにたどり着けたと思います。自分の中で漠然と考えていたことと現実が違うのってたくさんあるので、何でも挑戦してみるという自分の姿勢も良かったのかもしれません。

それぞれの活動が今後の展望はありますか?
就職後のことについたはまだ考えていませんが、人の可能性を広げられる人になりたいという気持ちは変わらないので、その軸に沿っていきたいです。いろいろな人と会ってみたいので、海外へ行くのもいいかなぁと思ったりもしてます。

片岡さんらしいですね。自分の中でブレないものを持っているのはすごいと思います!本日はありがとうございました。





 

編集後記

片岡さんは先のことを考えながら、いろいろなことに取り組み進んでいかれるような方でした。自身がたくさんのことを受け持ったとしてもそつなくこなし、周りのことを考えられる片岡さんは、インタビューの中でもその容量の大きさや優しさを感じられました。そんな片岡さんの裏側には、小さい頃からの多様なふれあいの影響が強いという印象があります。人との関わりに興味がある片岡さんだからこそ、自身の経験から「人の成長に携わりたい」というブレない軸を持つことが持つことができたはずです。自分の中の軸に沿って、それをきちんと将来へとつなげた片岡さんの今後の活躍にも期待です。
 

関連記事

記事を評価する

記事を評価しよう

編集部のおすすめ