大学の友達はサークルでできる?友達の作り方をご紹介します!

大学の友達はサークルでできる?友達の作り方をご紹介します!

こちらの記事では新入生に向けて大学での友達の作り方をご紹介します。サークルの探し方・選び方や、新歓で初めて会う方への話しかけ方、なにを話したら友達になれるのか?などもわかりやすくご紹介します。この記事を読んで、不安なく大学生活を送りましょう!

大学での友達の作り方

Photo byStockSnap

この記事を読んでいただいている皆さんの中には、大学入学前に、「友達できるかな・・・?」と不安に思っている方もいると思います。しかし、入学前や後にも、オリエンテーションやサークル、クラスなどで友達を作るチャンスは多くあります。

大学生は人生の中で一番自由な時間があるといっても過言ではありません。「充実した大学生活」を送るためには、どんな友達と関わるかが鍵となってきます。大学時代の友達は一生モノといいますが、そんな友達の作り方をご紹介します。
 

大学での友達作りの方法~オリエンテーション編~

Photo bygeralt

ほとんどの大学では、入学前に「オリエンテーション」という、大学生活や、大学の制度などの説明を受けるイベントがあります。このオリエンテーションは、入学前に友達を作る大チャンスです。この機会を逃さずに、大学生活のスタートダッシュをきりましょう。

大学によっては、懇親会があるオリエンテーションもある

大学によっては、オリエンテーションが終わった後、新入生同士で仲を深める懇親会を行うところもあります。大学や学部によっても変わるので、オリエンテーションの前に確認しておくことをおすすめします。

カジュアルな雰囲気で行われる懇親会は、友達を作るチャンスです。積極的に自分から声をかけて、仲良くなり、友達を作りましょう。

大学での友達作りの方法 ~サークル編~

大学でもっとも友達を作りやすい場所はやはり「サークル」です。

とはいえ大学のサークルにはいろいろな種類があります。
スポーツ系、文化系、学問系・・・etc

自分がどんなサークルに入りたいか、なんとなくイメージがついた方はさっそく調べてみましょう!

不安な方は特に、調べるのは早ければ早いほうが良いです。
入学式を迎えた方も、まだ入学前の方にもできる方法をこれから紹介していきます!

①情報サイトを使う

一番ベタな作戦です。有名な情報サイトでは驚くほどのサークルの数が掲載されています。
まずは、入学前からこれらのサイトで地道に探してみましょう。
 

ガクサー

サークル図鑑

スポーツやろうよ!

②大学名を入れて検索してみる

検索エンジンで 「〇〇大学 テニス サークル」と打つと簡単にでてきます。

そこでたくさん出てきた中から選ぶ方法として、TwitterやInstagramといったSNSで検索することも有効です。

これはサークルがどのくらい活動しているか判断するものさしとなります。
ホームページよりも、Twitterのほうが更新頻度が高く、そのようなサークルは、より新入生に対して歓迎的だということがわかります。
また、Instagramではサークルメンバーや実際の練習場・合宿所といったリアルな雰囲気を知ることができます。
 

③高校時代の先輩や友達に聞く

これは入った後にも役立つ重要な方法です。
高校時代の先輩や高校時代の友達に直接聞くことによって情報を得るやり方です。
知り合いやお世話になった人が同じサークルにいるのは大きな安心感があるというメリットがあります。
また、先輩と同じサークルの場合、後輩として可愛がってもらえる可能性もあります。

 

④大学のサークル情報誌を活用する

規模の大きい大学だと特に、サークルの情報提供をしている団体があります。
新歓情報を掲載したフリーペーパーなどはお役立ち情報の宝庫です
ぜひ参考にしてみてください。
 

早稲田大学ーマイルストーン

東京大学ーbiscUiT 東大女子のためのフリーペーパー

大阪大学ー大阪大学広告研究会

神戸大学ーWeeBee

京都大学ーChot★Better

⑤自分でサークルを作る

自分の入りたいサークルが学内にない・・・

そんな人は思い切って作ってみましょう!
大学で友達に声をかけてメンバーを集め、サークルの作り方を聞いて申請を出せば簡単に作ることができます。

大学で友達を作るコツ

オリエンテーションに行くことや、サークルに入ることだけでは友達はできません。実際に話をして、仲良くなって友達になります。
そこで、イベントやサークルで友達を作るコツを紹介します!

積極的に声を掛ける!

サークルには新入生歓迎イベント、通称新歓があります。
ほとんどのサークルは無料もしくは低価格で参加しやすい値段で歓迎してくれます。
この新歓を利用して積極的に声をかけて仲良くなりましょう。

もし、大学や高校の友達で一緒に行く人がいない場合は・・・

思いって一人で行ってみましょう!
その方が、返ってサークルに打ち解けて仲良くなれるかもしれません。

どのような声をかければ良い?

初対面の人がたくさんいる中で話しかけるのは不安も多いと思います。

まずは、挨拶。そして、お互いの自己紹介すると良いでしょう。

名前や大学名、出身地、高校時代の部活など基本的な質問をしてみましょう。

そして、趣味やそのサークルに来た経緯などを聞いてみましよう!

まず仲良くなるべきなのは、同じ新入生?

このとき大切なのができるだけ、新入生に声をかけることです。
もちろん先輩から声をかけてもらったら、話すことも必要です。
しかし、優先して仲良くなるべきは同じ新入生です。先輩は後からでも仲良くなれます。

新入生と仲良くなるメリットとして、情報共有できることが挙げられます。
先程も言ったようにサークルの量は膨大なので情報力が重要になってきます。
他のサークルについても聞いてみて、ぜひ自分の雰囲気に合ったサークルを見つけてください。

自分から声がかけられなくて不安な人は?

まずは、笑顔で楽しい雰囲気を出しましょう。
そうすれば新歓の頃には、自然と周りから声をかけてもらえます。
自分から喋りかけられない人も大丈夫です。
相手のことに興味を持ちって良い聞き役に徹することで、仲良くなることもできます。

もし、質問や自己紹介をすることができなかったら、近くの人の持ち物を褒めてみましょう。
そんな些細なことでも仲良くなるきっかけになります。

仲良くなったら・・・

ぜひSNSを交換してみましょう!

TwitterでもLINEでもInstagramでも構いません。
大学内や学外で気軽に相談できる友達がいると安心感があります。

あのとき喋った子とまた会いたい!と思っても探すのは一苦労です。

LINEでは、履修登録や授業などの情報交換をしたり、ご飯に誘ったりすることができます。

そしてTwitterやInstagramでは、相手の趣味や情報をより深く知ることができます。
次に会ったときの話のネタにもなるし、同じ趣味だったり、共通の知り合いがいる等の新しい発見があるかもしれません。
 

まとめ

いかがでしたか?
今回は友達を作る場所、作るきっかけについて焦点を当てて説明してきました。
大学は高校時代と違って人数が比較にならないほど多いので、新歓やオリエンテーションなど友達を作るきっかけはたくさんあります。
いろんなコミュニティに行って、いろんな友達を作ってみましょう。
行動は早ければ早い方がいいため、入学前がベストです。

そして、フットワークを軽くしていきましょう!
興味がない分野であっても仲良くなった人に誘われたら、行ってみるのもいいかもしれません。
自分の今までの経験とは全く別の場所でも、思わぬ才能が発見できたり、はたまた自分にぴったりの環境に出会えるかもしれません。

素敵な友達に恵まれ、充実した大学生活が送れるといいですね。

 

関連記事

記事を評価する

記事を評価しよう

ランキング

編集部のおすすめ