【「御社」と「貴社」の違い】面接、履歴書の使い分け方をご紹介!

 【「御社」と「貴社」の違い】面接、履歴書の使い分け方をご紹介!

面接や履歴書、エントリーシートでも必ずと言っていいほど迷う、「御社」と「貴社」の使い分け。
正しく使えないと「失礼だ」と受け取られてしまうかもしれません。
相手に好印象を持ってもらうためにも、ここで「御社」と「貴社」の正確な使い方を知っておきましょう!

「御社」と「貴社」っていったい何?

一言で言えば、「御社」や「貴社」(読み方は”オンシャ”、”キシャ”)は相手を敬って言うときに使われる”敬称”です。
人相手ならば「~様」や「~さん」などがありますね。
これと同じで、「御社」や「貴社」の場合は一般的な会社に対して用いられます。
簡単に言えば”あなたの会社”ということを敬意をこめた言い方ですね。

”尊称”とも言われ、社会人として知っておかないと非常識と思われてしまうレベルの言葉です。
企業のみならず、日本サッカー協会などの協会や団体、役所、銀行などに対しても用いられますが、それらの場合は特別に言い方が変わるのも特徴です。

「御社」と「貴社」の違い

基本的なビジネスマナーともいわれる「御社」と「貴社」の違いですが、これを間違えて使うだけで”常識のない人”とみなされてしまう場合もあります。
就活生は履歴書を十中八九書くことになると思いますが、履歴書の中で間違えていたりすると恥ずかしいですね。それだけで済まない場合ももちろんあるでしょう。

ここでは、二つの意味から使い方まで違いを見ていきます。
 

「御社」と「貴社」の意味の違い

「御社」と「貴社」の意味自体は全く違いがありません。
二つとも会社に対する尊称という点でも変わりませんし、尊敬の度合いが違うということもありません。

「御社」と言おうが「貴社」と言おうが、敬う気持ちが違うということは全くないのです。
その点では心配する必要はありませんね。

では、「御社」と「貴社」のどこに違いがあるの?

二つの違いは主に「使い方」にあります。
それぞれ異なった場面で使われているのです。

正しい場面で正しい言葉を使わなければ、間違って伝わってしまったり、相手に失礼になってしまったりします。
就活の場面で間違った使い方をしてしまうと、印象が悪くなってしまうこともあるので、注意して使わなければなりません。

ではその違いについて詳しく見てみます。

「御社」は話し言葉、「貴社」は書き言葉で使う

原則として、「御社」は話し言葉、「貴社」は書き言葉としての性質を持ちます。
面接などで話す場合は「御社」ということがほとんどですが、文面、つまり履歴書などでは「貴社」と表記するのが常識的です。

”あなたの会社”を話す上では「御社」。
書き言葉では「貴社」というのです。

なぜこんな違いがあるのでしょうか。
それは、「貴社」が”記者・汽車・帰社...etc”のように”キシャ”という音の言葉が多いために、勘違いが生まれないように「御社」という語が”作られた”からです。

つまり、「御社」は「貴社」の勘違いを防ぐためだけに作られた語なのです。
文面上では「貴社」と表記しても伝わりますが、口頭では伝わらない場合もあります。
なので、「御社」は話すときしか使われないのです。

「貴社」に関しては、書き言葉であり話し言葉でもあるので問題ありませんが、最近の常識に従って「御社」を使うときには、書き言葉で使えないということは抑えておかないといけませんね。

認知の度合いによる注意点

先ほども述べたように「御社」は新しい言葉です。

予想がつくかもしれませんが、ある程度の年齢を超えると「御社」を話し言葉で使うのが”常識”になっていない場合があります。
「御社」が使われ始めたのはここ20数年ほどのことです。
人事の方がそれなりのお年でおられたら、就活生は注意しておくべきかもしれません。

具体的な「御社」と「貴社」の使い分け事例

「御社」は面接などの話すとき、「貴社」はメール・履歴書などの書く場合に使われることはもう大丈夫ですね。
冒頭でも言ったことですが、使われる相手によって少し表現が変わることもあります。
主な使われ方としては以下のようになります。
 

  1. 銀行→ 御行・貴行
  2. 信用金庫→ 御庫・貴庫
  3. 学校→ 御校・貴校
  4. 役所→ 御(庁・省・所)・貴(庁・省・所)
  5. 病院→ 御院・貴院
  6. 機構→ 御機構・貴機構
  7. 組合→ 御組合・貴組合
  8. 協会→ 御会・貴会


このような感じで、御と貴で使い分けています。
もちろん御社・貴社の場合と同様に”御”側は話し言葉、”貴”側は書き言葉として使われています。
読みかたは”御~(おん~)”、”貴(き~)”です。


具体的に例文をいくつか見ていきましょう!

(会話で)「〇〇さんが御社で働くうえでの、やりがいを教えてください。」

これは、OB・OGや大学の先輩相手に”会話の中”で聞いているシーンですね。
あくまで”会話”なので「御社」と表現してます。

当然ではありますが「貴社」でも意味は通じます。
ただこの場合は「汽車」や「記者」と受け取られてもある程度意味が通じてしまう可能性がありますね。
このような場合は「御社」が適当です。

(ESで)学生生活を通して培ってきた、優先順位をつけて行動していくという能力を貴社で働く中で発揮していきたいと思います。

この例文は文面上での表現なので、「貴社」が適当です。
履歴書だったり、エントリーシートに書く場合の表現ですね。

ほかには、本人希望記入欄などに書く例として、
「貴社規定に従います。」
なども考えられますね。

まとめ

「御社」と「貴社」には意味上の違いはありません。
話し言葉として聞き手に伝えるか、書き言葉として読み手に伝えるかという違いです。
されど、この違いはとても大きなものです。

面接で「貴社」といえば聞き手に間違って伝わることも考えられます。
履歴書に「御社」と書けば、読み手に非常識と思われるかもしれません。
どちらにしても、就活をする大学生には死活問題となりえます。

また、「御社」に馴染みの薄い方もおられることと、頻繁に「御社」をつかうと耳障りな印象を持たれてしまう場合があるので、必要な時だけ、適度に使うようにしましょう。
頻繁に使うと、教本通りだなというイメージを持たれることも考えられます。

しっかりと意味と使い方を意識して、適度に使えるようにしましょう!

関連記事

記事を評価する

記事を評価しよう

編集部のおすすめ