【必見】楽しい大学生活を送るには?大学生活を充実させる7つの方法

【必見】楽しい大学生活を送るには?大学生活を充実させる7つの方法

みなさんは大学生活の中でやりたいことは決まっていますか?
「こんな大学生活を送る予定じゃなかった」とならないために、やりたいことを決めて取り組んでみることが重要です。
自分に合った方法を見つけて、充実した大学生ライフを送りましょう。

楽しい大学生活を送るために

Photo byfancycrave1

大学生活4年間は、過ごし方によっては充実したものにも、つまらないものにもなり得ます。
この若い時期の大切な4年間を、みなさんはどう過ごしますか?
これから、楽しく、充実した大学生活を送るための7つの方法を見ていきましょう。

①部活やサークルに入る

Photo byStockSnap

「大学で色んな人と交流したい」、「大学から新しいことを始めたい」、「大学で自分のスキルを上げたい」と思っている方にぴったりなのが部活動やサークル活動です。

大学にはさまざまな部活やサークルがあります。自分に合った部活・サークルを選ぶことで楽しい大学生活を送ることができるでしょう。

では部活・サークルに入ることで得られるメリットについて見てみましょう。

メリット①いろんな人と出会うことができる

部活動やサークル活動の1番のメリットともいえるのが、「いろんな人と出会うことができる」ことです。

充実した楽しい大学生活を送るためには、まず友達づくりが重要です。
大学生活の中では意外と出会う人が限られます。
同じ学部や学科の友人やゼミの友人はできるかもしれませんが、先輩や後輩、大学のOBOGと出会う機会は意外と少ないのです。

部活やサークルに入ることで出会いの機会は大きく広がります。

また、やりたいことが同じ仲間が集まる場であるため、気の合う友人が見つかりやすいのもポイントです。

メリット②大学生活の中で新しいことに挑戦できる・スキルを磨くことができる

大学には色々なジャンルの部活やサークルがあり、レベルもさまざまです。
部活やサークルの大きなメリットはこのジャンルやレベルを自ら選び、入部することができるという点にあります。

なので、大学から新しいことを始めようと思うなら、部活やサークルはスキルを伸ばすのにぴったりの場所です。
ぜひ初心者でも入りやすく、楽しいと思える部活やサークルを探してみてください。


また、もともと習っていたスポーツや特技をもっと極めることもできます。

部活やサークルという場を生かし、自分のやりたいことをとことん突き詰めてみてはいかがでしょうか。

②アルバイトをする

Photo byFree-Photos

学校外で行う活動の中でも、多くの学生が行なっているのがアルバイトです。

アルバイトをすることで、給料をもらって働くという経験ができます。
「職場で働く」という経験をすることで、社会の仕組みをのぞくことができるのです。
学校では教えてくれない社会人としてのマナーや、お客様への対応の仕方を学ぶことができます。

ほかにも、アルバイトをするメリットは色々あります。

大学生活の中では出会えない人々と出会える

アルバイト先では学校では出会えないような世代の人々と出会い、一緒に働くこととなります。

上司や先輩に対する正しい敬語の使い方や、後輩への仕事の教え方といったスキルが必要になるため、様々な世代の人とコミュニケーションをとる能力を自然と身に付けることができるでしょう。

また、他の大学の人と出会えることも大きなメリットです。
大学にいると、つい自分のいるコミュニティで満足してしまいがちですが、他大学や違う世代の人々と接することで自分の視野や価値観を広げることができるでしょう。

大学生活でかかる費用を稼ぐことができる

充実した大学生活を送ろうと思うと、意外とお金がかかります。

お金がないとできることが少ないため活動が制限されてしまいますが、アルバイトをすることで旅行代やサークル代などを稼ぐことができ、さまざまな経験をすることができます。

また、大学の授業で使う教科書代や本代も意外とかかる費用の一つ。
勉学にかかるお金を出し惜しみすると、単位がもらえなかったり知識が身に付かなかったりとデメリットが大きいです。

大学生活にかかる費用を自分で稼ぎつつ、アルバイト先で接客スキル等を身につければ一石二鳥といえるでしょう。

③学生料金を活用する

Photo byPexels

大学生活の中で意外と見落としがちなのが、「学生料金」です。

学生料金を使えば大人料金よりも安く施設を利用することができます。

施設によっては大人料金の半額以下、もしくは無料になるところもあります。
学生料金は、学生証を持っている学生時代しか利用できないものなので、絶対に活用すべき学生の特権です。

大学生活中に行くべきおすすめスポットは?

料金が安くなるものの代表として、映画館や美術館、博物館があげられます。

美術館や博物館は常設の展示に加えて、期間限定の展示を行なっているところも多くあります。
気になる展示があれば、ぜひ足を運んで見て下さい。

また、ミュージカルや舞台も学生料金が適用される場合があります。
生での観劇は映画を観るのとはまた違った感動が得られます。

様々な文化を体験することができるチャンスですので、楽しいと思える場所を見つけてぜひ行ってみてください。

④大学の制度を活用し留学に行く

Photo byFree-Photos

英語等の語学力を伸ばしたいという方や海外で生活してみたいと思っている方におすすめなのが留学です。

例えば英語を身につけたい場合、日々英語を使わざるをえない環境に身を置くことで英語力が伸びるだけでなく、座学では教えてくれない自然な英語表現を覚えることができます。

そして留学のメリットはなんといっても多国籍の友人ができることです。日本にいるだけでは出会うことがなかった人々と出会うことができます。
異国間交流をすることで、他国の文化や価値観を学ぶことができるでしょう。

留学には1ヶ月〜半年の短期留学から、1年以上の長期留学までさまざまな選択肢があります。
また欧米を始め、中国などのアジア圏など留学先も多様です。

学びたい言語を決め、自分にあった期間や費用の留学を選んでみてはいかがでしょうか。

⑤海外を周ってみる

Photo byKeYang

大学の長期休みを生かし、海外を周ってみるのもおすすめです。

海外を旅行することで、各国の文化やマナー、歴史、建築などを見ることができます。
また、旅行にはトラブルがつきもの。トラブルを乗り越えることで、トラブルが起きたときの解決方法を身に付けることができます。

アメリカは英語圏で観光スポットも多く、初心者にもおすすめの旅行先です。州によって全く雰囲気が異なるため、長期休みを生かしてアメリカを横断してみてもいいかもしれません。

台湾やタイといったアジアの国は日本から近くて物価も安く、旅行しやすい場所です。

もし日本と全く異なる文化を見てみたい場合は、ウクライナやポーランドといった東欧がおすすめです。
東欧はフランスやイタリアなどの西欧に比べて物価がかなり安く、見所もたくさんあるため学生にぴったりです。

日本のパスポートで行ける国はなんと190カ国。これは世界トップレベルの国数です。このパスポートを生かし、ぜひ充実した楽しい長期休みを過ごしてみてください。

⑥本を読む・オーディオブックを聴く

大学生のうちに本をたくさん読んでおくことで、教養や幅広い知識を身に付けることができます。その知識は社会に出た時に役立つものになるでしょう。

また、活字が苦手だったり本を読む時間がなかったりする方におすすめなのがオーディオブックです。

それぞれのメリットについてご紹介します。

本を読むメリット

本を読むことで、自分の知らなかった知識をインプットすることができます。また、活字にふれることで自然と語彙力があがり、文章力もアップします。
大学ではレポートを書く機会が多いため、文章力をあげることは重要です。

さまざまなジャンルの本を読みたいと思った時に活用すべきなのが大学の図書館です。

図書館には小説をはじめ多くの文献が置いてあります。洋書を借りれば英語の勉強にもなります。
図書館で借りれば本を買うお金の節約になり、かつ幅広いジャンルの本を借りることができるので、ぜひ活用してみてはいかがでしょう。

オーディオブックを聴くメリット

オーディオブックは本の内容を音読したものを聴くことができるサービスです。

音声を聞き流すだけで本の内容を理解することができるため、活字を読むのに時間がかかるという方にぴったりです。
歩きながら聞くこともできるため、通学時間のようなちょっとした時間を利用することも可能です。

また、オーディオブックは携帯やパソコン、タブレットを使って聴くことができるため、場所を取らないというメリットもあります。
「本を持ち運ぶのは重くてちょっと…」と思う方におすすめです。

⑦資格試験に挑戦する

時間があるという大学生のメリットを生かし、興味のある資格をとってみてはいかがでしょうか。

将来に活かせる資格としては、「TOEIC」や「簿記」があります。

例えばTOEICで高い点数を取るためには、リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングといった能力が必要になります。そのため、TOEICの勉強をすることで英語力をバランスよく伸ばすことができるでしょう。

また、面白い資格もたくさんあります。 

食に興味があるという方は「フードアナリスト」、旅行が好きという方は「世界遺産検定」や「温泉ソムリエ」、デザインを学びたい方は「カラーコーディネーター」など、突き詰めてみたい趣味がある方はその分野の資格を探してみてはいかがでしょうか。

充実した楽しい大学生活を送るために

大学生活は、長いようであっという間です。

大学では高校までと違い、自分で選ぶことのできる幅が増える分、何もしないで大学生活が終わってしまうということも十分あり得ます。

大学生活を充実させるためには、まず「自分の送りたい大学生活」を具体的に想像し、その理想に合わせて大学生活をカスタマイズしていくことが重要です。

今回はそのために7つの方法をご紹介しました。
自分にあった方法を見つけ、ぜひ大学生活を充実した楽しいものにカスタマイズしてみてください。

関連記事

記事を評価する

記事を評価しよう

ランキング

編集部のおすすめ