よく聞く「デフォルト」って何のこと?意味や使い方をご紹介します!

よく聞く「デフォルト」って何のこと?意味や使い方をご紹介します!

普段の何気ない会話でたまに聞く、「デフォルト」。
何となくは意味がわかるけど説明はできない、よくわからないけれどニュアンスで使ってしまっている、という方もいらっしゃるかと思います。
今回は、「デフォルト」の意味と使い方について詳しくご紹介していきます。

よく聞く「デフォルト」とは

日常生活でたまに耳にする「デフォルト」。皆さんも聞いたことがあるのではないでしょうか。
しかし、なんとなく意味は分かっても説明を求められるとよくわからない、イメージで使ってしまっている、という方もいらっしゃるのでは?
辞書を引いても英語のままの意味とは使い方が少し異なるので、よくわからなかったりします。
そこで今回は、「デフォルト」の意味や実際の使い方をご紹介していきます。

「デフォルト」の本来の意味とは?

「デフォルト(default)」を辞書で引いてみると、
・何もしない
・為されるべきことが為されない
・実行しない(不履行)

という意味が出てきます。しかし日常会話の中でデフォルトをこのような使い方をすることは少ないようですね。
ここからは、「デフォルト」の様々なシーンでのそれぞれの意味を見ていきましょう。

「デフォルト」の様々なシーンでの使い方と意味

金融での「デフォルト」の意味

金融のシーンでの「デフォルト」の意味は何でしょうか?
これは、債務不履行という意味で使われます。
債務者(債権者に対して金銭を払う義務のある人)が、破綻や金融危機などの理由によってその債務の支払いが不可能になってしまうことを指します。これは、一番最初にご紹介した「デフォルト」の本来の意味である、実行されない(不履行)にとても近い使い方をされていますよね。

スポーツで使われる「デフォルト」の意味

また、スポーツの場面でも「デフォルト」は使われているようです。
その意味は、出場できる権利を放棄する「棄権」ということでこれも本来の意味と近くまさに、為すべきことが為されない、という状況ですね。特にテニスでは棄権を「デフォールト」と表記するようです。

コンピュータに関連する「デフォルト」の意味

最後に、コンピュータ関連での「デフォルト」の意味をご紹介します。
その意味とは、初期設定、初期状態、標準的な使用状況下での条件、となっています。
これはコンピュータに限ったことではなく、パソコン周辺機器やコンピュータが内蔵された家電製品にも使われるものです。コンピュータ内蔵の家電製品とは、例えば時刻設定ができる炊飯器や、洗濯物の重さから水の量を自動で決めてくれる洗濯機などのことです。このような機器の購入後、ユーザーが何の設定変更も行っていない状態が、「デフォルト」ということになります。それをユーザーが変更することを「カスタマイズ」といいますね。

「デフォルト」の具体的な使い方

それでは実際に、「デフォルト」の日常会話における意味や使い方をご紹介していきます。

コンピュータの章で、初期設定や初期状態が「デフォルト」であるとしました。ここから転じたものが日常生活で使われる意味と最も近いものとなっています。
それは
・定番
・普通

という意味です。

「デフォルト」の使用例

それでは早速、「デフォルト」を使用した会話例を見ていきましょう。
A:パソコンを買ったんだけど、機械に弱くて…電源入れてからそのまま使えるかな
B:そのパソコンは基本的にはデフォルトのままで使えるよ。慣れてきたらカスタマイズすればいい。

ここでは、初期設定がされているからそのまま難しい設定なしでパソコンを使い始められるということですね。

A:また傘忘れちゃった。朝に雨が降ってないと持ってくるの忘れちゃうんだよね。
B:もう会社に傘置いておきなよ。朝雨降ってなくて傘忘れるのは、君のデフォルトでしょう。

これは、傘を忘れるというアクシデントはAにとっては標準装備、定番であるということですね。

まとめ

Photo byFirmBee

いかかでしたでしょうか。
今回はよく聞く「デフォルト」の意味と使い方をご紹介しました。
使われるシーンによっても若干意味が変わってきますが、基本的には、「初期状態」、「何もしない状態」のような意味で使われることが多いです。

「デフォルト」はビジネスシーンでよく使われる言葉ですが、時折日常生活でも出てくる言葉なので、しっかり覚えておきましょう。

関連記事

記事を評価する

記事を評価しよう

ランキング

編集部のおすすめ