大学生におすすめの勉強場所はどこ?集中できる勉強場所5選

大学生におすすめの勉強場所はどこ?集中できる勉強場所5選

大学生になってからどこで勉強すればいいか分からない。こんな悩みを抱えている人も少なくありません。そこで大学生におすすめの勉強場所を5つご紹介したいと思います。勉強場所によって様々な特徴があるので気になる勉強場所を見つけられると思います。

大学生におすすめの勉強場所5選

Photo bykaboompics


大学生になると高校生の時とは違い、一人で自由に行動する機会が増えるのではないでしょうか?

どの授業を取るのか、どのサークル・部活を選ぶのか、どのバイトをするのか……などなど。

高校生までは、クラスも部活も一緒な友人がたくさんいたと思いますが、大学生は全てのコミュニティが同じ友人がいる人は少ないのではないでしょうか?

また、多くの場合クラスというコミュニティがなく、自分の好きな時間に好きな授業を取ることができると思います。

そのため、高校生のときは教室や塾で友達と一緒に勉強をしていたかもしれませんが、大学生になるとどうでしょうか?
皆生活リズムが違うので時間を合わせて一緒に勉強するのも難しいのではないかと思います。

そこで今回の記事では大学生におすすめの静かで集中できる場所を5つご紹介したいと思います。
 

大学生におすすめの勉強場所その1:大学の図書館


大学生の勉強場所と聞いてまず始めに思いつくのが、やはり図書館ではないでしょうか?

図書館は静かな場所なので勉強する時にもよく使われますし、テスト期間などで自習のために使った経験がある人も少なくないと思います。

実際に利用してみるとかなり静かなので、一人で集中して自習をしたい人にはおすすめの場所です。
また、学術系の本も多く置いてあるため、テスト前の学生にとっては大変恵まれている環境ではないでしょうか?

図書館のメリット

Photo byterimakasih0


図書館で自習をするメリットとして上げられるのが甘い誘惑が少ないことです。

家で勉強する時に「よし!勉強しよう!」と思って意気込んだけれど数分後には手が止まってしまった。そんな経験はありませんか?

スマホに漫画、テレビにゲームなど家にはたくさんの誘惑が潜んでいます。

これらの甘い誘惑に打ち勝てる意志の強い人ならいいのですが、普段から家で自習する習慣がない人なら尚更だとは思います。

これらの甘い誘惑に負けて勉強する手が止まってしまうことは多々ありますが図書館ではそれらの甘い誘惑はありません。

それにテスト前の図書館などは他の人も静かに自習をしているので自然と自分もやる気になっていることもあります。
 

図書館のデメリット


図書館のデメリットを挙げるとするなら、かなり静かで少しもで音を立ててしまうと全体に響いてしまうので慎重に行動する必要があります。

椅子を引く音、くしゃみの音、カバンから教科書を探す音など、どんな音でも響いてしまうので音を立ててしまったために、他人に迷惑をかけている感情に襲われます。

細かいことをあまり気にしない人ならいいかもしれませんが細かいことを気にしてしまう人にとっては少し大変かもしれないです。
 

大学生におすすめの勉強場所その2:自分の部屋

自分の部屋も立派な勉強場所の1つです。

しかし、自分の部屋には漫画や雑誌、スマホにゲームなど勉強の妨げになる甘い誘惑がたくさんあると思います。

なので、そのような誘惑の根源をどのように対処するかが、鍵となってきます。

自分の部屋のメリット


自分の部屋で勉強するメリットは他の人に邪魔されることがないことです。

自分1人の空間なので、外とは違って周りの人を気にすることがないので集中しやすいと思います。

人によっては声に出して勉強する人もいます。そのような人は図書館で自習をすると邪魔になってしまいますが、他の人がいない家の場合だと気にすることもないので集中して自習ができます。

なので、人によっては自分の部屋で勉強するのがベストな選択肢であるかもしれません。
 

自分の部屋のデメリット

自分の部屋で自習をするときのデメリットは、誘惑に負けてしまう恐れがあることです。

そこで、自習をする時だけでいいのでスマホをサイレントモードにして画面を裏向きにして机の隅に置くようにします。これで通知が来ても気になることはないため、自習に集中することができます。

漫画や雑誌には布のような物を上からかけて視界に入らないようにします。
集中力が切れた時に漫画や雑誌が視界に入ってしまうと、ダメだと分かっていても読んでしまう可能性があります。それを防ぐためにも視界に入らないように工夫した方が良いです。

少しの休憩時間にもできるだけ漫画や雑誌、スマホなどを見ないようにすることで集中力を持続させることおができるので、自習の間はできるだけ視界に入れず触らないようにします。

自分の部屋で勉強するには自分で自分を律する必要があります。
なので、誘惑は工夫して断ち切りましょう。

大学生におすすめの勉強場所その3:カフェ


カフェも勉強するのにはおすすめの場所です。

カフェは大学生だけではなく中学生・高校生もテスト前になると自習に使うこともあるので、勉強に適した場所のひとつと言えるでしょう。

カフェのメリット

カフェで自習をすることのメリットはいくつかありますが、リラックスしながら自習できることがカフェで勉強することの一番のメリットです。

図書館と違って店内で購入したものであれば飲食しながら自習をすることもできます。
カフェは場所によってはパンの販売をしているところもありますし、スイーツやパフェを販売しているカフェもあります。

長時間自習をしていると疲れてきますしそんな時の息抜きにパンやパフェなどのあを食べることができるのもカフェと図書館の大きな違いです。

それにカフェと図書館では全体の雰囲気も大きく違います。

カフェの場合は色々な人が自由に話すことができますが、図書館の場合だと静かにしなければいけないルールがあるので、咳をしたり席を立つ時に椅子の音など様々な配慮をしなければいけないです。

それに対してカフェの場合だと、あまりにも大きな声で話したり大音量でゲームをしたりするなどの迷惑をかけなければ音に対する配慮をする必要もないので図書館よりもリラックしながら自習をすることができます。

ただし、リラックスして自習をしやすいカフェですが、自習をする時にも注意しなければいけないことはいくつかあります。

カフェのデメリット


カフェのデメリットは静かかどうかは店舗次第ということです。

カフェによって、来店する客の数、層がまったく違います。ビジネスマンが立ち寄る静かなカフェから、学生がたむろして騒いでいるカフェまで多種多様です。

なので、カフェで勉強する時に注意するべきことは、出来るだけ人の出入りが少ないカフェを選んできちんと自習できる状態を作り出すことです。

そしてカフェで自習をする時に注意しなければいけない2つ目のポイントがリラックスしずぎないことです。

図書館はピリピリとした雰囲気が出ているのでリラックスしすぎることはないと思いますが、カフェはもともとリラックスする場所なのでピリピリした雰囲気はないです。なので、思ったほど勉強が捗らないこともあります。

リラックスできるのはメリットでもありますが、人によってはデメリットになってしまう可能性も十分にあるので注意は必要です。

大学生におすすめの勉強場所その4:レンタル自習室

実際に利用している大学生は少ないと思いますが、レンタル自習室も自習をしたい大学生にとってはおすすめの勉強場所の1つです。

あまり聞き覚えのない場所だと思いますが、レンタル自習室はビルの1室にあるので外から見た時に見つけにくい場所の方が多いです。

それもそのはず。レンタル自習室がビルの1室にあるのは、元々その場所が会社のオフィスだった場合が多いからです。

リーマンショック以降、企業の業績悪化が進みビルから立退く企業が増えました。そこで、ビルの空室が目立つようになってきため、「その空室をなんとかできないか」ということで自習をしたい人に向けて安く提供することになったのが始まりです。

レンタル自習室のメリット

レンタル自習室のメリットは設備もかなり充実しており、場所によっては無料wi-fiが使えたり、防音の部屋があったり、マッサージが使えたりと様々なサービスが揃っているハイテクな自習室であることです。

色々な設備が整っているレンタル自習室ですが、料金はかなりリーズナブルで月額5,000〜10,000円のところが多いです。

テスト期間の間だけ利用したいと考えている人には時間制のレンタル自習室もあるのでそちらを探してみると良いかもしれないです。

大手の塾や予備校がレンタル自習室を所有している場合もあり、本来は塾に通っている中高生向けなのですが、大学生も学生証を提示すれば無料で利用させてもらえる場所もあります。

中高生向けと言ってもwi-fiとコンセント、自動販売機などの設備もしっかりと整っている場合が多く、テスト勉強だけでなく自習の合間の息抜きもしっかりとできます。

そして、利用している人は自習をするためにレンタル自習室を利用しているので静かで集中しやすいと思います。

レンタル自習室のデメリット


レンタル自習室のデメリットとしては場所が分かりにくいことです。

レンタル自習室自体がビルの中の一室ということもありビルの密集地にある場合は地図アプリで探すのも困難になると思います。

それにオフィスビルの一室にあるので初めて行く人は行きづらく感じることもあります。

初めて行く時は色々と思うかもしれませんが一度行ってしまえば、あとは問題なく通うことができると思うので最初だけの辛抱です。
 

大学生におすすめの勉強場所その5:大学のラウンジ

大学のラウンジも大学生にとっておすすめの勉強場所です。
ラウンジとはソファーが置いてあり、誰でも利用できる休憩室のような場所です。

授業の合間の暇つぶしに利用している人もいれば、サークルの打ち合わせをしている人や食事を楽しんでいる人もいて、様々な用途で利用されています。

リラックスする目的で使われていることも多いので自習をしている人は比較的少ないですが、テスト前になるとみんな集中して勉強しています。

ラウンジのメリット


ラウンジのメリットは1人で自習をするというよりも、友達を誘って複数人で勉強することができることです。


1人で自習をしていると怠けてしまって自習が思うように進まない人は、友達を誘ってラウンジに行くことで自習も捗ると思います。

図書館だと友達と話しながら自習をすることはできず1人で黙々と勉強することが多いのに対して、友達と話しながら自習できるラウンジは復習人で自習したい人にとってはおすすめです。
また、わからないところがあった時に友達に聞けるので、しっかりと勉強するタイプの友達と行けばかなり有意義な時間を過ごせるでしょう。

ラウンジのデメリット

ラウンジのデメリットは時間帯によってはうるさくなってしまうことです。

お昼時の時間はみんなで昼食を食べる人が多いため、比較的うるさくなりやすいです。
なので、その時間は自分も友達と話して息抜きをするなど、上手く時間を有効活用した方が良いです。

テスト前になると、友達と一緒に自習をしている人も多くなってきますので、ほとんどの人が静かに自習をしています。
普段からの自習には不向きかもしれませんがテスト前などに自習として利用するにはおすすめの場所です。

まとめ

ここまで大学生におすすめの勉強場所を5つご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

5つの場所それぞれに特徴があるので、一概にどこが良いのかは言えません。
自分自習の学習スタイルや1人で自習ができるかなどの観点から、自分に合う勉強場所を決めるのがおすすめです。

迷う方は、まずは紹介した5つの場所全てに足を運んでみて実際に自習をしてみるのが良いかもしれませんね。

実際に足を運んで自習してみると、自分に合うと思っていた場所が意外と自分には合わないと感じたり、逆に自分には合わないと思っていた場所が自分には合うと感じることもあります。

レンタル自習室は地域によっては無い可能性もあるので、図書館・カフェ・ラウンジなどから足を運んでみるのがおすすめです。

自分のお気に入りの勉強場所を把握しておけばテスト前にその場所に行けば集中して取り組むことができます。また、テスト前になって勉強場所探しであたふたする必要がなくなるのでテスト勉強に集中することができます。

大学生になってどこで勉強すればいいか悩んでいる人は今回ご紹介した5つの場所に実際に足を運んでみることで自分に合う勉強場所を見つけることができます。
 

関連記事

記事を評価する

記事を評価しよう

編集部のおすすめ